今日のひとこと:Since we are short-handed today, please call XXX-XXX if you need immediate assistance.「本日人員不足のため、お急ぎの場合はXXX-XXXにお電話下さい。」



今日のひとこと
Since we are short-handed today, please call XXX-XXX if you need immediate assistance.「本日人員不足のため、お急ぎの場合はXXX-XXXにお電話下さい。」

 

新型コロナの感染拡大、あるいはワクチン接種の副反応により、職場の同僚が仕事を休んだりして、人手不足になることがあるかもしれません。

 

急な担当者不在により、対応できないと、業務に支障が出てしまいかねません。

 

そこで今回は、「緊急の場合は電話でお願いします」と事前にひとこと伝えられたら。

 

文法解説 

 

Sinceは接続詞「~なので」で、既に相手が知っている理由など、理由そのものが重要でない場合に使います。

この表現を使う状況では、相手はこちらが人手不足ということは知らないので新情報ですが、だからといって大事なのは業務に支障が出ないことであって、その理由自体は相手には関係ないですね。

一方、理由が大切な場合は、becauseを使います。

 

次はsinceが接続詞なので、次に<主語+動詞>がくるので、we are。

「人手不足」は、形容詞でshort-handedと言います。

be short of-で「~が足りない」という熟語なので、we are short of handsとも言えます。

ちなみにですが、名詞のshorthandは「速記」(stenographyと言うこともあります)という意味なので、区別しましょう。

また、「人手不足」は、we are understaffed(スタッフの数が少ない)でもOK。

 

コンマの後、「もし急ぎの場合は電話下さい」と伝えたいので、まずPlease call XXX-XXX「xxx-xxxにお電話下さい」とし、次にif節「もし~ならば」が来ます。

 

次のif you need immediate assistance「お急ぎの場合」は、よくビジネスで使われるフレーズです。

Immediateは「すぐに、即座に」という形容詞ですが、副詞immediatelyもよく使われるので(例:Please call her immediately.「今すぐ彼女に電話して下さい」)、セットで覚えましょう。

 

Assistanceは「(補助的な)支援」で、help「手伝い」と似たような意味ですが、helpよりもフォーマルな表現。

「お急ぎの場合」よりも強く、「緊急の場合」と言いたければ’for urgent matters’や、’in case of emergency’を使えばOKです。

★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

その他の表現

 

  • short-handedを使った表現

・The project is so short-handed that we have to work overtime.「その企画は全然人手が足りていないので私達が残業しなければならない」

 

  • if you need immediate assistanceを使った表現

If you need immediate assistance during my absence, please contact (name) at (email address).「私の不在中にお急ぎの要件がありましたら、(名前)の(Eメールアドレス)にご連絡下さい


あわせて読みたい