今日のひとこと:After careful consideration, we regret to inform you that we are unable to accept your quotation. 「慎重に検討した結果、残念ながら御社の見積書をお受けすることができないことをお知らせ致します」



今日のひとこと
After careful consideration, we regret to inform you that we are unable to accept your quotation. 「慎重に検討した結果、残念ながら御社の見積書をお受けすることができないことをお知らせ致します」

 

今回は、相手からの見積書を断る時のメールで使えるひとことです。

 

英語で気を付けたいのは、曖昧でなくストレートに表現しないと伝わらない、その一方で、明確なだけでは失礼な印象になってしまうこともあるところ。

 

例えば「あなたの申し出をお断りします」は、’We decline your offer.’ですが、これだと明確ではありますが、上から目線、しかも断るというネガティブな内容なので、かなり嫌な感じになってしまいます。

 

そこで、断るというメッセージを明確に伝えつつ、丁寧な表現をご紹介します。

 

文法解説

 

After careful consideration「慎重に検討した結果」は、なくても通じますが、きちんと検討した上での判断ということを伝えたい時に便利な表現です。

 

悪い知らせをする時に、前置きとしてよく使われるのが、’We regret to inform you that-’「残念ながら~をお知らせします」。

他にも’We are sorry to inform you that-‘や’Unfortunately-’も同様に使われます。

このような前置き表現は決まり文句で、特に悪い知らせを伝えなければならない時には、相手も心構えができるので、ワンクッション置くために使った方が良いでしょう。

 

that以下は、主語+動詞-の文が入ります。

 

次の’we are unable to accept-‘「私達は~を受け入れられない」は、「断る」よりも少し柔らかい印象になります。

We cannot accept-も同様の意味で使えますが、We can’t accept-と短縮してしまうとカジュアルな印象になってしまうので、お断りメールでは避けましょう。

あるいは、「断る」declineを使う場合、’we must decline-’のように、mustを使うと「(お断りしたくはないのですが)お断りしなければなりません」というニュアンスを出すことができます。

同じ「断る」でも、rejectやrefuseは「拒否する」という強い意味になってしまうので、仕事でオファー等を断る場合はdeclineを使いましょう。

 

なので、冒頭のように「あなたの申し出をお断りします」と言いたい時には、’After careful consideration, we regret to inform you that we  are unable to accept your offer(またはwe must decline your offer) .’の様にすれば、明確かつ丁重にお断りすることができます。

★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

その他の表現

 

  • After careful considerationを使った表現

After careful consideration, we’ve decided to terminate the contract.「慎重に検討した結果、契約を終了することに決まった」

After careful consideration, she was selected as a team leader.「慎重に検討した結果、彼女がチーム長に選ばれた」

 

  • We regret to inform you that-を使った表現

We regret to inform you that the item is currently out of stock.

「残念ながらその商品は現在在庫切れです」

We regret to inform you that the event has been cancelled.

「残念ながらそのイベントは中止されました」


あわせて読みたい