今日のひとこと:Could we let (name) finish first? (名前さん)に先に終わらせてもらっていいでしょうか?


①今日のひとこと

Could we let (name) finish first?「(名前さん)に先に終わらせてもらっていいでしょうか?」

 会議で、たまたま発言するタイミングが他の人と重なってしまうことってありますよね。

そんな時、対面であれば目線や空気を読んで調整することもできますが、リモートだとそこがちょっと難しく、延々と譲り合うなんて冗談みたいなハプニングも。

こうなってしまうと、当人達同士でどちらが先か後かを決めるのは難しいので、会議の進行役や上の立場の人が調整すると良いですよね。今回はそんな時に使えるひとことです。

 

②文法解説

Could we-?で「~してもよいでしょうか?」と、許可を求める丁寧な表現です(主語が自分1人ならCould I~?)。

次に、「誰かに~させる」というときは使役動詞<make/have/let+人+動詞原形>を使います。

訳すとどれも「~させる」ですが、makeは「強制的に~させる」、haveは「当然のこととして~させる(*目上の人には使いません)」、letは「~するのを許可する」というニュアンスがあります。

この場合、発言者が話そうと思っているのでmakeは×ですね。

haveは、上司が部下に対してなら使えなくもないですが、2人いるなかでその1人を選ぶのが当然のことでもないので△。

letは、例えばLet me help you.=「私にあなたを手伝うことを許可してください」(直訳)=「手伝わせて下さい」(訳)のように、実際に日本語に訳すときには「許可する」とはあまり言いませんが、「許可する」と訳して意味が成り立つもの。

ここでは、直訳は「(名前)が先に終わるのを許可する」となるので、letを使います。

動詞は、この場合は話し始めているので「(話の続きを)終わらせる」という意味でfinishですが、例えば対面の会議で挙手している人が2人以上いる場合はspeak「話す」を使いましょう。

最後は「まず最初に」でfirst

Firstは、文頭か文末で使うときは「まず最初に」、文中で使う場合は「初めて~する」という意味になります。

★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

 

③その他の表現

  • let+人+動詞原形>を使った表現

Please don’t let anyone enter the meeting room until 3.3時まで誰もその会議室に入れないでください」

I’ll let him know that.「そのことを彼に知らせます」(直訳:知ることを許可する)

 

  • 自分が話している途中、他の人に割り込まれて、話の続きを先に終わらせたい場合

Could I just finish this part first?「この部分だけ先に終わらせてもいいですか?」


あわせて読みたい