今日のひとこと:Happy New Year ! We hope to continue our prosperous friendship in 2020. あけましておめでとうございます。2020年も、実りある友好関係の持続を望みます



①今日のひとこと

Happy New Year ! We hope to continue our prosperous friendship in 2020.
「あけましておめでとうございます。2020年も、実りある友好関係の持続を望みます」

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

ところで、これって日本では定番の新年のあいさつですが、英語では何て言うのでしょうか? 

「よろしくお願いします」は色々なシーンで使えるとても便利な挨拶ですが、英語には同じ定型文がないので、「何をどうよろしくなのか」を表現する必要があります。

日本語では一言「よろしく」で済むところ、英語では様々な表現が可能なので、今回のフレーズも単なる一例です。

これを参考にしていただきつつ、お時間があれば、ぜひご自身で納得のいく挨拶文を考えてみて下さい。

 

②文法解説

最初はHappy New Year。新年、気持ちも新たに行きたいですね♪

日本の年賀状で’A Happy New Year’と印字されているものもありますが、単独でHappy New Year!というときは、aは不要です。

文章の場合はWe wish you a happy New Yearと冠詞の’a’がつきますが、カード等にその文字だけ書く場合、正しくはHappy New Yearとなります。

また、Happy New Yearだけだと、一見カジュアル過ぎるように見えるかもしれませんが、大丈夫です。

両方ともHappy Birthdayと同様で、「誕生日おめでとう」と単独で言う時はHappy Birthdayですし(文章ではI wish you a happy birthday)、Happy Birthdayだけでも失礼にはなりませんね。

次にWe hope to+(動詞原形)で、「(動詞)することを望む」なので、(動詞)の部分にcontinue「~を続ける」が入ります。

「実りある友好関係」を続けたいので、形容詞prosperous「繁栄した」+friendship「友好関係」となります。

少し意訳しましたが、prosperousは「繁栄した、裕福な、成功した」という意味があり、ビジネスの挨拶に好まれます。名詞で使う場合はprosperity「繁栄、裕福、成功」。

friendship「友好関係」は、もし少し抵抗がある場合は、relationship「関係」にしてもOK

最後は、年を表す前置詞はinなので、in 2020

ちなみにですが、年号を口頭で言う場合、4桁のものは前後2桁に分けて言うので、twenty-twentyといいます。

★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)
 

③その他の表現

Happy New Year and a prosperous 2020!
「あけましておめでとうございます。実りある2020年を」 

We wish you (=Wishing you) a happy New Year!
「あけましておめでとうございます」*Happy New Yearだけよりも丁寧

We look forward to growing our prosperous relationship.
「実りある関係の更なる発展を楽しみにしています」


あわせて読みたい