今日のひとこと:Thank you for coming all the way here. はるばるお越しいただき、ありがとうございます



1:今日のひとこと

Thank you for coming all the way here(from+場所名).
「(場所名から)はるばるお越しいただき、ありがとうございます」
今回は、遠くから自社まで足を運んでくれた相手に、感謝の気持ちを伝える表現です。

Thank you for coming here.’だけでも良いのですが、遠路はるばる来てくれた場合には、少しそっけなく聞こえてしまうかもしれません。

出張となると、チケットの手配や身支度等、事前準備も大変ですし、移動にも時間がかかりますよね。まして海外から来ていただく場合は、もっと時間も手間もかかります。

そこで「わざわざ来てくれてありがとう」というお礼の気持ちを、しっかりと伝える場合の表現をお伝えします。

★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

2:文法解説

Thank you for~「~をありがとう」で、for以下で感謝の理由を述べます。

<for+名詞>なので、動詞comeを名詞形にするには、ingをつけて動名詞(coming)に。

次のall the wayは熟語で、「はるばる、わざわざ」という意味で、ここがポイント。

日本語でもそうですが、このall the wayという語を入れるだけで、はるばる遠くからありがとう、という感じを出すことができます。

このall the wayには、他にも「道中ずっと」という意味もあります。
例えばクリスマスソングの定番、♪ジングルベール、ジングルベール、鈴が鳴る~♪の英語版♪Jingle bells, jingle bells, jingle all the way♪は、「道中ずっと鈴を鳴らそう」の意味で使われています。

hereは「ここに、へ」という場所を表す副詞。

フレーズとしてはここまででもOKですが、<from+(場所名)>「(場所名)から」と入れると、「わざわざその場所から来てくれて」と、より具体的に伝えることができます。

特に外国から訪問してくれた場合には、その国の名前を入れるとbetterです。

ここで、日本語名と少し違う読み方のために、意外と間違いやすい英語の国名をいくつかご紹介♪

・アルゼンチン→Argentina(アルジェンティーナ)
・イタリア→Italy(イタリー)
・ギリシャ→Greece(グリース)
・スイス→Switzerland(スイッツァランド)
・トルコ→Turkey(ターキー)

3:その他の表現

●Thank you~here +<to+動詞原形>で、「はるばる~するために来てくれてありがとう」
Thank you for coming all the way here –
-to pick me up.「はるばる(車で)迎えに来てくれてありがとう」
-to see me.「はるばる会いに来てくれてありがとう」
-to see me off.「はるばる見送りに来てくれてありがとう」

●go all the way to~で、「~へはるばる行く」
I went all the way to Kagawa to eat udon. 「うどんを食べるためはるばる香川へ行った」

●「道中ずっと」の意味でのall the way
I drove all the way from Tokyo to Aomori. 「私は東京から青森までずっと運転した」

 


あわせて読みたい