今日のひとこと What brings you here?


★英語入門者が安心して話せるビジネス英語塾アブソリューション 
■英語レギュラーコース参加者を受付中。2019年は英語をマスターしよう。
あなたの英語のお悩みを個別にご相談ください。←こちらをクリック

 

1 今日のひとこと What brings you here?/なぜここにいるのですか?

日本にいる外国人の方が、日本に滞在している理由は様々ですね。
今日は、そのきっかけや理由を聞きたい時に使えるひとことです。

著者もイギリス留学中にWhat brings you here?と聞かれた事があるのですが、その時は「何があなたを運ぶのか?」と言われても。。と意味が分からず絶句してしまいました。

理由を聞くなら’Why are you here?’ではと思ったのですが、Whyを使うと少し直接的で、正当な理由を求めているようなニュアンスがあるのだそう。

なので、つい’Why are you in Japan?’等と聞きたくなるところですが、ちょっとぶしつけな感じがしてしまうので、ぜひ今回のフレーズを使ってみましょう♪

 

2 文法解説

Whatは「何」という疑問詞ですが、疑問詞には、疑問代名詞(Who, What, Which)と疑問副詞(When, Where, Why, How)があります。
疑問代名詞は、①動詞の目的語(~を)や②主語(~が、は)になるものです。

 

例)
What did you bring?「あなたは何を持ってきた?」/What=動詞bringの目的語
What brings you here?「何があなたを運ぶのか?」(*直訳)/What=主語

多くの疑問文は①の用法なので、②What brings-?は変な感じがするという方もいるかもしれませんね。

 

①はyou(あなたは)が主語なので、
<疑問詞+do/does/did+主語+動詞原形?>=What did you bring?とよく見る形になります。

一方②は疑問詞What(何が)が主語なので、
<疑問代名詞(=主語)+動詞?>(*do/does/didは不要)=What brings-?となります。

このbringsのsは、動詞bring「持っていく、運ぶ」の三人称単数現在形のs。

主語の疑問代名詞は、三人称・単数扱いとなるため、時制が現在形の場合は、三単現のsをつけ忘れないようにしましょう。

 

次のyouは、you(主語/あなたが、は)-your(所有格/あなたの)-you(目的格/あなたを)-yours(所有代名詞?/あなたのもの)で、主語と目的語が同じ形ですが、このフレ
ーズでは「あなたを」=目的格で使われています。

最後のhereは「ここに、で」という場所を表す副詞。
強調したい時にはin here「この中で」up here「この上で」のように前置詞とセットになることもありますが、基本的には前置詞不要です。

 

3 その他の表現

その他、これらの表現も、同様の意味になります。

  • What brings you to (Japan)?
  • What brought you here?(*過去形でも同じ意味です)
  • What made you come here?

来日理由を尋ねる以外でも、例えば知り合いと偶然会った時(どうしてここにいるの?)や、病院の診察(今日はどうしましたか?)、仕事の面接(なぜ弊社の面接に来たのですか?)等でも使われる幅広い表現です♪


あわせて読みたい