おさらい英文法 vol.14 動詞を文型に当てはめる

私が英語の先生に、‘It suits you.’と言われたときのこと。
「スーツ? 着てないけど……?」とまったく噛みあわない会話になってしまったことがあります。
ここで問題です。先生は私に、なんといったのでしょうか?
1502234742’suit’の動詞は、「適する、合う」等の意味。
「(洋服などが)似合っているよ」という意味なのですが、’suits’=洋服のスーツだと思ってしまったんですね。
主語が’It’で現在形のため、動詞に’s’がついて(3人称単数形の(e)s)、’suits’になります。名詞の’suit’の複数形と発音が同じです(ちなみに、スーツ1着の場合は’a suit’と単数形をとります。ここにもミスが……。)。けれど、基本文型をおさらいするくせをつけていれば、Itの後ろに名詞がくるはずがないのはわかったはず。文型のチェックの重要さを、改めて意識した出来事でした。

さて、今回の「おさらい英文法」では品詞の中の大黒柱。主語の後ろにドカンと存在し、文の意味を決める動詞をご紹介します。
動詞は、主語(人や事物)の動作や状態を表す単語。
be動詞は「○○です」、一般動詞は「○○する」などの意味を持っていて、位置は主語の後ろ。
基本的な文型では、S+Vまでは同じで、その後がS+V+C、S+V+O、S+V+O+O、 S+V+O+Cと分かれますが、どの動詞をVに当てはめるかによって、ある程度文型が決まります。

それでは文型ごとに動詞を見てみましょう。例文に、よく使われる動詞を使いました。このまま覚えて、さらっと英語で言ってみてください。

●動詞と文型
S+V
O(目的語)を必要としない動詞=自動詞といいます。
arrive, come, go, happen, laugh, riseなど
(例)
・It happens.「そういう事もあるよ」
・We laughed.「私たちは笑った」

S+V+O
O(目的語)を必要とする動詞=他動詞といいます。
eat, enjoy, love, open, ride, want, writeなど
(例)
・I love you.「私はあなたを愛している」
・I’ll write an email.「Eメールを書きます」

’I love’や’I’ll write’のように、S+Vで止めると「・・何を!?」となるのが、他動詞です。
*多くの動詞は、自動詞と他動詞、両方の用法を持っています。

・S+V+C
be動詞、become, feel, look, smell, soundなど
(例)
・I am an engineer.「私はエンジニアです」
・His idea sounds interesting.「彼のアイディアは面白そうです」

・S+V+O+O
bring, buy, give, send, show, tellなど
(例)
・She told me everything.「彼女は私に全てを話した」
・He offered me a job.「彼は私に仕事のオファーをした」

・S+V+O+C
call, elect, keep, leave, like, thinkなど
(例)
・We call him Tom.「私たちは彼をTomと呼びます」
・I left the door open.「ドアを開けっ放しにした」

※主語との一致の例外
通常、動詞は主語に合わせた語形になりますが(例:主語がI⇒be動詞はam)、主語が複数形だけど1まとまりと捉える場合(特に、時・距離・お金などに関する数字)、主語が複数形でも、動詞は単数形となります。
(例)・Five years is (×are)a long time.「5年は長い時間です」

いかがでしたでしょうか。文型によって、動詞の意味が違ってくる感じが少しでもつかめたら、今日のおさらいはバッチリ! どんどん英文に取り入れていきましょう。
***
最後に確認クイズ♪
・空欄に動詞を入れて、文型を考えてみましょう。
①「電車が到着しました」’The train( ).’
②「彼は医者になりました」He ( ) a doctor.
③「あなたにポストカードを送ります」I’ll ( ) you a postcard.

・正しい方を選びましょう。
④A thousand dollars ($1000) (is/are) a lot of money.

答え
①arrived/S+V、②became/S+V+C、③send/S+V+O+O、④is

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
スタッフ

投稿者: スタッフ

staff@新宿の英会話・英語塾アブソリューションです。 英語にまつわる時事ネタや蘊蓄の他、ちょっとしたレッスンなどを発信しています。

投稿日: カテゴリー おさらい英文法, コラム