おさらい英文法 vol.13 骨格にパーツを組み込む。英文はまるでプラモデル!?

前回の「おさらい英文法」は夏休み直前のビッグな振り返り、英文を作るのに重要な、文構造の基礎、5文型をみていきました。自分で文を作ったら、まず「あれ?これってなに文型?」と意識してチェックする。この習慣がついたら、しめたものです。
今週は引き続き、文の作り方の基礎を徹底解説。実際に文を作るときに使うパーツ、品詞をご紹介します。みなさんの英作文をぐっとレベルアップしちゃいますよ。
1501024825

基本的に文型には、決まった品詞しか、当てはめることができません。プラモデルを組み立てるときのように、型にあった品詞を並べていきましょう。

●品詞
品詞は大まかに、8つに分類されます。全部覚える必要はないので、「へーこういう種類があるんだ」と思って見て下さい。
①名詞、②代名詞(he/she/itなど)、③動詞、④形容詞、⑤副詞、⑥前置詞(in/on/atなど)、⑦接続詞(and/butなど)、⑧間投詞(Wow/Ohなど)

文型を作るのに活躍するのは、①〜④まで。これらを、文型に登場するS(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)にあてはめてみると……。

S=名詞/代名詞
V=動詞
O=名詞/代名詞
C=名詞/代名詞・形容詞
ほら。登場するのは、名詞/代名詞・動詞・形容詞です。

では先週やった五文型に品詞を当てはめてみましょう。
①S(主語)+V(動詞)
名詞/代名詞+動詞
②S+V+C(補語)*S=C
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞/形容詞
③S+V+O「を」(目的語)*S≠O
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞
④S+V+O「に」(間接目的語)+O「を」(直接目的語)*O≠O
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞
⑤S+V+O(目的語)+C(補語)*O=C
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞+名詞/代名詞/形容詞

形容詞が主語になることもないし、平叙文では主語の後ろは必ず動詞。このように、日本語とは違ったルールが存在するのです。まずはこれらを理解することで、グーンと文章を作りやすくなります。
大まかにいうと、文の骨格=名詞/代名詞&動詞、修飾語=形容詞&副詞(副詞は五文型に登場しませんがなかなか重要です。例えば’She is here.’「彼女はここにいる」の、hereが副詞。)文の骨格、そしてそれにあったパーツを入れているかを意識して、自分の作った英文を見返してみましょう。

さて、これらパーツの中でも、名詞は、S(主語)・O(目的語)・C(補語)になれるオールラウンドプレイヤーです。名詞が見分けられると、さらに文章を作りやすくなります。詳しくみていきましょう。

●名詞
名詞=ヒト・コト・モノの名前。
大きく分けると、数えられる名詞(可算名詞)と、数えられない名詞(不可算名詞)があります。
英語は数にうるさい言語です。日本語にはない習慣なのでわかりにくいと思いますが、名詞ときたらまず数を意識すれば、簡単に種別に振り分けられます。

数えられる名詞は2種類あります。a/an(冠詞)+単数形、または複数形(-s/es)になるもの。
①普通名詞
一番オーソドックスな、ふつうの名詞。
(例)a pen/pens, an apple/apples
*冠詞は、名詞の発音が母音(a,i,u,e,o) 始まりのものはan、その他はaがつきます。
②集合名詞
何人かのメンバーから成り立っているグループの名詞。
(例)family(家族), police(警察), government(政府), class(クラス)など
「1つにまとまったグループ」として捉える場合=普通名詞と同じ。
(例)・My family lives in Tochigi.「私の家族は栃木に住んでいます」(家族=1まとまり)
staff
一方、メンバー1人1人を考えていることを強調したい場合は、名詞は単数形のままですが、動詞が複数形になります。
(例)・My family are all well.「家族みんな元気です」(家族1人1人)

数えられない名詞は3種類あります。単数形にa/anがつかない、複数形にならないもの。
①物質名詞
water(水)、air(気体), gold(金属),rain(雨)など、一定の形をもたないもの。
②抽象名詞
love(愛), kindness(親切), freedom(自由), music(音楽)など、目には見えない概念です。これは数えられませんねえ。
③固有名詞 *最初が大文字になるもの
Japan(国名), Mt. Fuji(地名), Shakespeare(人名), January(月)など、1つしかないものの名前

***
いかがでしたか? 万能選手、名詞の性格が、なんとなく見えてきたでしょうか。
次回のおさらい英文法では、文の構造を押さえるためにさらに品詞を攻めていきます。お楽しみに♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
スタッフ

投稿者: スタッフ

staff@新宿の英会話・英語塾アブソリューションです。 英語にまつわる時事ネタや蘊蓄の他、ちょっとしたレッスンなどを発信しています。

投稿日: カテゴリー おさらい英文法