おもてなし English 2.0 日本の粋を和菓子で伝える Nerikiri


★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

お客さまに伝統の和菓子を紹介しよう!

おもてなしEnglish 2.0の第二回目は和菓子、それも「練り切り」に注目しました。
練りきりは江戸時代から作られ始めた伝統的な和菓子。日本の四季や行事を表現したものが多く、茶席にもよく使われる上品な上生菓子のひとつです。
茶席では、あま~い練り切りを苦味のある濃い抹茶と一緒に頂きます。このコントラストが「粋」ですね。
この練り切りを説明して、団子、まんじゅう、もち、あずき、抹茶スイ-ツだけでない、奥深い和菓子の世界を、観光客の方に伝えてみようではありませんか。
英語初心者でも大丈夫。簡単な英文で、日本の伝統文化を解説していきましょう。

「練り切り」を英語で言える?

観光案内をしていて、ちょっと疲れたかなと思ったら
Let’s take a break and have something sweet! (ちょっと休憩して、何か甘いものでも食べましょう)
と提案してみましょう。

デパートの地下食品街、または甘味屋さんが近くにあったら
Do you want to try Japanese sweets called nerikiri? (練りきりという和菓子を試してみない)
せっかく日本にいるんだから、和菓子は食べていってもらいたいですよね。

もし、What’s Nerikiri? と聞かれたら、練りきりの簡単な説明を。
Nerikiri’s dough is made of white kidney bean paste (Siroan), sugar, rice flour(Gyuhi) and water.

練り切りの生地は、白いんげん豆のペースト、砂糖、求肥、水を混ぜ合わせたものです。
「豆に砂糖を混ぜるの?」って驚かれる場合もあるかもしれません。
原料を説明できると、和菓子がより身近に感じられるでしょう。

季節を楽しむ「和菓子」という文化

Colors are added to the dough with the food colorings. (食品着色料で生地に色づけします)Then, the dough is formed into motifs of the season.(そして生地を季節を表すモチーフの形にします)
どんな季節のモチーフが使われるかという例もあげてみましょう。
For example in Spring you will see cherry and plum blossoms.
(例えば、春であれば桜や梅の花の形の和菓子があります)
In Summer there will be hydrangea flower and green maples.
(夏になれば、あじさいや青楓など)
Nerikiri represents Japanese nature.
(練りきりは日本の自然を表現しています)

このように、日本では季節を和菓子で楽しむという文化があることが紹介できます。事前にどのような季節のモチーフが和菓子に使われているか、調べておくとよいですね。

Would you like to try one? (1個食べてみますか?)
It is too beautiful to eat! (食べるにはもったいないぐらい美しい!)なんてコメントもあるかもしれません。
It is so good! (すごくいいね!)
I love it! (気に入ったわ!)

そうでしょう。そうでしょう。

気にいってくれた方には、こんな解説を付け加えてみてください。
Nerikiri is often served at tea ceremonies with matcha.
(練りきりは茶席で抹茶と一緒に頂きます)
Enjoy the combination of sweetness and bitterness.
(甘みと苦味の組み合わせを楽しんで下さい)

和菓子は5感を使って頂くお菓子といわれています。観光客の方と一緒に、私たちの五感も研ぎすませる機会になるとよいですね。
それでは、第三回目のおもてなしEnglish 2.0もお楽しみに!


あわせて読みたい