初詣のあれこれを英語で説明


★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

新年明けて、久しぶりにお客様にお会いしたら、なんと言えばいいでしょう。このブログを読んでいるみなさんなら、おもてなしの心をすでにマスターしてらっしゃるはず。積極的にお客様のお正月休みについて、聞いていきましょう。
How was your winter holiday / new year’s break?
もしお客様の方からこの質問がきたら、日本のお正月を紹介する絶好のチャンス! 年末までの日本のお正月については、こちらのブログを参考に。そして大晦日、年明けにすることといえば、今日のテーマ、初詣をご紹介しましょう。

1.まずはおごそかに除夜の鐘

大晦日の真夜中、この日だけは終夜運転の電車に乗り込んで、人々が一路神社を目指します。パーティーで華やかに明ける海外の新年とは違った空気感をお伝えしたいですね。

Many Japanese visit a shrine/temple on December 31 and welcome the New Year with the sound of Joya no Kane, the bell ringing.
(12月31日に神社、お寺に行き、除夜の鐘を聞きながら新年を迎えます)
The bell will be tolled 108 times.
(鐘は108回打たれ、鳴らされます)
108 is the number of excessive desires a human has.
(108というのは人間の煩悩の数です)
By listening to the bell ring 108 times, you will be able to start the New Year with a fresh mind!
(108の除夜の鐘を聞くことによって、新しい気持ちで新年を始められるのです)

煩悩をさらっとリフレッシュした後は、こちら。

2. 清々しい気持ちでお参りをする

夜の明かりと澄み切った冬の空気。身の引き締まるような思いで列に並びます。
神様に新年のご挨拶。初詣の瞬間です。

Hatsumode is the first visit of the year to a shrine and temple.
(年の初めに神社や寺にお参りすることを初詣といいます)

もともと神社にお参りするのが大好きな日本人ですが、初詣はまた別格。みんなでひくおみくじもまた楽しいものです。
さて、日本で大切にされている新年の様々な ”First”。 お次は……。

3. 初日の出をおがむ

除夜の鐘も聞いた。神様も拝んできた。次なるイベントは、眠い目をこすりつつでかける初日の出です。こちらも日本ならではの習慣。ばっちり説明していきましょう。

Hatsuhinode is the first sunrise of the year.
(初日の出とは1年で最初の日の出のことです)
Many Japanese find a place that offers a spectacular view of the first sunrise of the year.
(壮観な初日の出を見るのに最適な場所を見つけます)
It is believed that Toshigami, god of the new year descend from heaven with the first sunrise and give us the happiness for the year ahead.
(初日の出と一緒に新年の神、歳神様が舞い降りて、1年の幸せを与えてくださると信じられているのです)
While gazing the sunrise, we pray and make a new year’s resolutions.
(初日の出を見ながら祈り、新年の誓いをたてます)

お疲れ様でした! ここまで真面目に新年と向き合ったあなたに、ほどよい疲れとネムケが……。ここからも日本の定番でいきましょう。寝正月です。
There is nothing better than to sleep through the new year!
(新年を寝て過ごすほどよいことはない!)

では、また次回のブログをお楽しみに!


あわせて読みたい