Furoshiki(風呂敷)を英語で説明してみよう!


★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

お客様に贈り物をする機会がよくある?
ラッピングが苦手?
ラッピングペーパーやリボンは開けたらすぐ捨てちゃうし、もったいない。
それに環境に良くないと思ってる?

と、お悩みのあなた!

風呂敷を使ってラッピング問題を解決。
さらに贈り物を渡したお客様に風呂敷を紹介してみよう。

This is a great idea!
(これは素晴らしいアイデアね)

まずアイデアに驚いてくれる。

I would love to learn how to wrap the gifts with this cloth.
(この布を使ってラッピング方法を知りたいわ)

日本の「風呂敷で包む」文化に興味を示してくれる。

 

風呂敷っていつからあるの?

日常、何気な~く使われてきた風呂敷。

意外と古くから長い間、使われてきた生活道具だったのです。

This cloth is called Furoshiki.
(この布は風呂敷っていうの)

Furoshiki was first used in the Nara period.
(風呂敷は奈良時代に使われ始めたんだ)

So Furoshiki has more than 1300 year-old history.
(だから1300年以上の歴史があるんだよ)

Then it was called Tsusumi which means wrapping.
(その時代には包むという意味の「つつみ」ってよばれてたんだ)

何故、風呂敷って呼ぶの?

物を包み、運ぶために使われるのに風呂敷。
でも何故、「風呂の敷物」と呼ぶのか不思議ですよね。

“Furo” means a bath and “Shiki” means a spread.
(「ふろ」はお風呂で「しき」は敷物の意味です)

In the Muromachi period Shogun Ashikaga Yoshimitsu built a bathhouse and invited feudal lords.
(室町時代に将軍足利義光が風呂場を作り、大名を招待したそう)

The lords used the silk cloth in order to keep their belongings.
(大名は自分の服などを絹の布で包んでいたそう)

間違えて他の人の服を着てしまったりしないようにですね。

さらに大名の方々は風呂敷を・・・

They also used the cloth as a bath mat.
(お風呂から上がった時は絹の布をバスマットにしてたそうです)

That is why they started calling Furoshiki.
(これが風呂敷と呼ばれるゆえんなのです)

なんという素晴らしいアイデア。
室町時代から現在まで風呂敷が使われ続けているなんて素晴らしいですよね。
自画自賛になってしまいました。

でももっと自画自賛しちゃいます。

 

風呂敷のすごいところ

Furoshiki is simple and beautiful.
(風呂敷はシンプルで美しい)

It is eco-friendly way to wrap objects for gifts and travel.
(贈り物や旅行で物を包んだりする際に使うと環境にも良いですよね)

It can be used to wrap lunch box, gifts, wine bottles, books, groceries or just about anything!
(お弁当、贈り物、ワイン、本、食料品、何にでも使えますし)

最近、プラスティック問題がよく取り上げらてますね。
普段から風呂敷を使うと環境にも良いことがお客様にも共感してもらえそう。

日本から風呂敷ブームがもっと広がるといいですね!


あわせて読みたい