縁起物のDaruma(だるま)をお土産にすすめてみる!2


★英語入門者が安心して話せるビジネス英語塾アブソリューション 
■英語レギュラーコース参加者を受付中。2019年は英語をマスターしよう。
あなたの英語のお悩みを個別にご相談ください。←こちらをクリック

 

日本のお土産には縁起物のだるまがおススメ!
ということで引き続きだるまについて詳しく説明してみよう。

赤いだるまは目につきやすいですね。
お土産やさん、定食屋さん、実家、政治家の事務所でよくみるだるま。

 

何故、だるまは赤い?

目立つ色だから?

Daruma is mostly red.
(ほとんどのだるまは赤)

Because it is believed that Bodhidharma wore red robes.
(なぜならボーディダルマが赤い法衣を着てたからとも)

Red is the color that ward off evil.
(赤は魔よけの色でもあるからね)

最近のお土産屋さんにはカラフルなだるまも見かけますね。
それぞれの色に意味があるとか、ないとか。

 

だるまの顔には意味がある!

だるまの眉毛とヒゲは豪快に描かれてます。
見てるだけで元気が出てきそうです。

眉毛は鶴。
ヒゲは亀を表しているそう。

鶴と亀はどちらも長寿のシンボル。
だから見てるだけで元気が出てしまいそうな顔なのですね。

Eyebrows represent the crane.
(眉毛は鶴を表してます)

Beard represents the turtle.
(ヒゲは亀を表してます)

Both animals are symbols of longevity.
(両方とも長寿のシンボルなんです)

「えっどれが亀?」と聞かれてしまったら・・・だるまの目の入れ方の説明を。

 

だるまの目の入れ方は?

Why are the Daruma eyes blank?
(何故だるまの目は書かれていないの)

最初、だるまには目玉が書かれていません。
願いや目標をかけて片目を書き入れ、そして成就したらもう片方の目玉を書き入れます。
という順番を説明してみよう!

First make your goal.
(まず目標をきめて)

Then paint one eye.
(片目を書き入れて)

Work on your goal.
(目標に向かって努力!)

When achieving the goal, paint in the second eye.
(目標が達成したら、もう片方の目も書き入れて)

目標に向かって頑張っている家族や友人に最適な日本のお土産になること間違いなし!


あわせて読みたい