教育ニュースヘッドライン 2019/12/01



[新サービスライン] 高校英語教科書準拠トレーニングの開始:時事ドットコム


[スパトレ株式会社]学校の教科書を使って外国人講師とマンツーマンで会話の練習ができる12月10日よりまずは最も利用数の多い『NEW HORIZON』適用カリキュラム提供スタート背景話す書くといったスキルを含む英語4技能のスキルが大学入試でも必須になりつつある中、学校教育の場でも『話せる英語』への関心がますます高まっています。学校の教科書を使って外国人講師とマンツーマンでスピーキングやライティングの練習ができる「学校教科書準拠」カリキュラムをご用意いたしました。こんな方にオススメ・授業の予習復習を…
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000043915&g=prt
2019/12/01 10:55

英語教師・真穂、学校の英語教育を否定される | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


もしも高校四年生があったとしたら、そのぶん英語は上達するのか? 個人レッスン、オンライン英会話、どれをやっても英会話ができなかった英語教師・桜木 真穂が、風変わりな英会話教室で、新しい英語学習法を学びます。本連載は、金沢 優氏の小説『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』から一部を抜粋し、これからの英会話学習法をご紹介します。
https://gentosha-go.com/articles/-/23418
2019/12/01 05:17

時代の風:入試英語の公平性確保 問われる日本の「身の丈」=小倉和夫・青山学院大学特別招聘教授 – 毎日新聞


小倉和夫・青山学院大学特別招聘(しょうへい)教授  新たに始まる大学入学共通テストへの民間の英語検定試験導入を巡って、所管閣僚が「身の丈に合った対応でよい」うんぬんという、いわゆる「身の丈発言」をして批判を浴びた。
https://mainichi.jp/articles/20191201/ddm/002/070/055000c
2019/12/01 02:00


あわせて読みたい