教育ニュースヘッドライン 2019/11/25



目次

追手門学院大学の学生が和歌山県田辺市で世界遺産「熊野参詣道」に関するアンケート調査を実施 — 宿泊施設でインバウンド対応の課題を探る | 追手門学院大学


追手門学院大学の学生が和歌山県田辺市で世界遺産「熊野参詣道」に関するアンケート調査を実施 — 宿泊施設でインバウンド対応の課題を探る
https://digitalpr.jp/r/36219
2019/11/25 20:05

追手門学院大学の学生が和歌山県田辺市で世界遺産「熊野参詣道」に関するアンケート調査を実施 — 宿泊施設でインバウンド対応の課題を探る – 大学プレスセンター


【ポイント】 ○11月30日(土)と12月1日(日)に田辺市の宿泊施設で学生13名がインバウンド対応について調査○インバウンド対応の課題の一つはコミュニケーション。アプリ開発の要望も○追手門学院大学は田辺市と 2015年9月に地域づくり、産業振興等に関する連携協定を締結  当日は、地域創造学部の学生13名が、田辺市中心部のホテルやゲストハウスなどの宿泊施設8軒と、世界遺産になっている熊野本宮大社…
https://www.u-presscenter.jp/2019/11/post-42737.html
2019/11/25 17:20

山陰中央新報社|表現できる英語力培う改革を 倉吉で英語教育フォーラム


表現できる英語力培う改革を 倉吉で英語教育フォーラム
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1574671868703/
2019/11/25 17:53

データでわかる教育の地域格差 生まれた場所で一生が決まる悲劇 | マネーポストWEB


都市部と地方で学歴格差が拡大(出身地と年代別の大卒者の割合・女性) 教育とは「だれしもに等しくチャンスがあるもの」であるべきだ。しかし、文科相は、つい口が滑って本音を言ってしまった。「身の丈に合わせてがんばって」。大臣の無知と軽薄さはさておき、奇しくもこの言葉は、日本の教育の根源的な問題を表している。私たちは今
https://www.moneypost.jp/604529
2019/11/25 16:00

【冬休み2019】放課後ホームステイE-CAMP「ウィンター・スクール」12/25-1/7 | リセマム


 英語が学べる新しい学童保育「放課後ホームステイE-CAMP」は、「ウィンター・スクール2019」を開催する。期間は2019年12月25日~27日と2020年1月6日~7日の合わせて5日間で週2日からの参加が可能。対象は年長~小学6年生。
https://resemom.jp/article/2019/11/25/53517.html
2019/11/25 16:45

《MITASAI REPORT-2019》元外交官佐藤優氏講演会 「外交は力と力の均衡性による」 | Jukushin.com


三田祭最終日となる11月24日、13時半から西校舎1階519教室にて作家で元外交官である佐藤優氏(同志社大学神学部客員教授、静岡文化芸術大学招聘客員教授)の講演会(主催:学生団体Wisdom)が行われた。ロシア外交の専門家として名高い佐藤氏の講演を聞こうと高校生からシニア層まで幅広い世代の人が足を運んだ中、佐藤氏は「令
https://www.jukushin.com/archives/39503
2019/11/25 12:31

【高校受験2020】香川県公立高の入学定員6,255人、学力検査は3/10 | リセマム


 香川県教育委員会は2019年11月20日、2020年度(令和2年度)香川県公立高等学校入学定員を公表した。全日制の入学定員は、前年度比1人増の6,255人。一般選抜は、学力検査を2020年3月10日、適性検査・面接を3月11日に行う。
https://resemom.jp/article/2019/11/25/53514.html
2019/11/25 15:15

挑戦をもっと自由に 「SDGs表現論 プロジェクト・プラグマティズム・ジブンゴト」 オンライン講座「gacco(R)(ガッコ)」にて2020年1月31日(金) 開講決定(2019年11月25日)|BIGLOBEニュース


立命館大学(京都府京都市、学長仲谷善雄)と株式会社ドコモgacco(東京都港区、代表取締役社長嶋本由紀子)は、ドコモgaccoが運営するIT環境があれば誰でも受…(2019年11月25日 12時0分0秒)
https://news.biglobe.ne.jp/economy/1125/dre_191125_1688753149.html
2019/11/25 12:17

大阪 大阪教育大学教員同窓会「天遊」第7回研究発表会 – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


△大阪教育大学天王寺キャンパス(大阪市) △提案「多視聴とリピテーションを工夫した英語教育の実践から」(中島順子・大阪市立開平小学校教諭)、「ICT機器を活用した授業作り」(杉谷直美・栗木陸行・富田林
https://www.kyoiku-press.com/post-210079/
2019/11/25 10:58

東京大学の阿部公彦教授が大学入試「英語民間試験」の歪み指摘 ネイティブ信仰の罠も|ニフティニュース


東京大学文学部教授の阿部公彦氏は、「英語民間試験」の歪みを指摘する 試験にあたり用いられる「CEFR」は、試験に使えるような安定的なものではないという ネイティブを理想として崇める言語観は、日本人の英語学習にとっては障害だとも
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-477025/
2019/11/25 07:05

辞書アプリ『DONGRI』を活用して能動的な学習姿勢を定着/就実高等学校 | ICT教育ニュース


【PR】 2019年の新入学生全員を対象にChromebookを導入し、「21世紀型スキル」の育成に力を注ぐ就実高等学校(岡山市北区)。Google for Educationをメ […]
https://ict-enews.net/2019/11/25dongri/
2019/11/25 08:03

名門大学への進学を目指す「ボーディングスクール」という選択 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


グローバル化が急速に進むなか、子どもに英語のみならず、国際感覚を直接現地で身につけさせたいと考える富裕層が増えている。本記事では、数多くの留学サポートを手がける株式会社アエルワールドで海外生活カウンセラーとして親子留学を担当する北原万紀氏が、「海外留学」、「家族長期留学」等についての最新事情を解説する。今回は、今回は、北米や欧州の名門大学に進学を目指す親子におススメの「ボーディングスクール」の概要を見ていきます。
https://gentosha-go.com/articles/-/24341
2019/11/25 05:00

東京大学の阿部公彦教授が大学入試「英語民間試験」の歪み指摘 ネイティブ信仰の罠も|ニフティニュース


東京大学文学部教授の阿部公彦氏は、「英語民間試験」の歪みを指摘する 試験にあたり用いられる「CEFR」は、試験に使えるような安定的なものではないという ネイティブを理想として崇める言語観は、日本人の英語学習にとっては障害だとも
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12280-477025/
2019/11/24 23:35


あわせて読みたい