教育ニュースヘッドライン 2019/09/29



岡山で高校生英語スピーチ 松田さん(城東2年)が最優秀:山陽新聞デジタル|さんデジ


高校生が英語のスピーチ力を競う「第22回ノートルダムトロフィー・イングリッシュスピーチコンテスト」(ノートルダム清心女子大同窓会主催)が29日、岡山市北区伊福町の同大であり、城東高2年松田理奈さん(1…
https://www.sanyonews.jp/article/943700
2019/09/29 23:09

2年目の「くらぶち英語村」山村留学で子どもたちはネーティブと英語漬け そして、地域が変わってきた – 日本教育新聞電子版 NIKKYOWEB


群馬県・高崎市  群馬県高崎市は平成30年4月に、ネーティブスピーカーたちと一緒に生活しながら、実践的な英語を学ぶ山村留学施設「くらぶち英語村」をスタートさせて今年で2年目になる。  生活拠点となる寄
https://www.kyoiku-press.com/post-207887/
2019/09/29 13:14

英語教員・真穂、2020年に向けた英語教育の変革内容に凹む | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン


あなたは英語を話せますか? 話せないならその理由は何ですか? もしも高校四年生があったなら、英語を話せるようになると思いますか? 本連載は脚本家や塾講師を経て英会話講師となり、現在は官公庁職員への語学研修の責任者を務める金沢優氏の著書、『もしも高校四年生があったら、英語を話せるようになるか』を抜粋し、青春小説を通して、日本人のための新しい英会話学習法を提案します。
https://gentosha-go.com/articles/-/23381
2019/09/29 05:17


あわせて読みたい