I’m wondering if・・・.

英語学習をスタートさせるとき、「英語学習は学生の時ぶりだ。」という方もいれば、「社会人になってからも学習している。」という方もいると思います。

私たちが使っている日本語のことを考えても、学生時代に使っていた日本語と
社会人になってからの日本語は種類が違いますね。「おつかれさまです。」という口頭の挨拶も、「ご査収ください。」という言い方も、学生の時は言わないわけです。ということは、学生の時の英語学習では、さほど言葉のチョイスに敏感に学習していたわけではないと思います。

アブソリューションの英語学習は、みなさんのキャリアのためのビジネス英語レッスンをしています。言葉に敏感に、ビジネス英語の言葉のインプット!今日はその中から誘いの表現をいくつか紹介します。

key

基本文:今度のイベントに参加することはできますか?

これを訳していきましょう!

■Can you come to the up coming event?
→Can you~?というカジュアルな表現で「今度のイベント来られる?」というニュアンスです。

■Could you come to the up coming event?
→Could you~?とすると「~に来られますか?」と丁寧な言い方になります。

■Would you please let me know if you have time for the up coming event?
→「今度のイベントに参加する時間があるかどうか教えていただけませんか?」というニュアンスですね。ここでの「if」は「もし」ではなく「~かどうか」という意味です。

■I’m wondering if you can come to the up coming event.
→「wonder」という単語で「謎に思っている」という意味なので、「今度のイベントに来られるのかな~と思って・・。」という、直接的依頼ではなく、様子をうかがうスタンスです。

■Do you mind coming to the up coming event?
→「mind」で「気にする」という意味なので、直訳すると「今度のイベントに来ることは気になりますか?」というもの。イベントに行ける場合には答えが「No, I don’t mind. 」という否定形になります。

 

学習するときには、このように派生させて覚える方法がおススメです!

 

スタッフ

投稿者: スタッフ

staff@新宿の英会話・英語塾アブソリューションです。 英語にまつわる時事ネタや蘊蓄の他、ちょっとしたレッスンなどを発信しています。

投稿日: