英語力を高める学習方法とメリット


★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

「音読」の効果とは?短時間で、効率良く、英語力を高める学習法

「音読」は、聞いた事がある方も多いと思いますが、非常に効果的な英語学習法として知られています。しかし、ただ英文を声に出して読み上げる音読は、これだけをいきなりやっても自己流の読み方になるだけで、全く意味がありません。

音読って、そもそも具体的に何をどのようにすればよいのか、詳しくはよく分からないという方も多いのではないでしょうか? 今回はそんな人のために、どのような音読に、何の効果があるのかをご紹介いたします。

1488722393

発音・リズム・イントネーションが良くなる!

英語は、相手に伝わる音で、話さなければ意味がありません。では、正確な音を習得するためには、どうすれば良いのでしょうか?これは、カラオケの練習に似ていますが、正しい曲(英語)を聞きながら、声に出して真似をし、完璧に同じようになるまで練習をする、オーバーラッピングという音読学習法が効果的です。

オーバーラッピングでは、英語の文字を見ながら、英語の音声にかぶせるように真似をして音読します。この際、ご自身の声が、英語の音声と異なるところが、補強すべき部分。音声が異なる理由は、そもそも単語自体を知らない場合もありますが、知っている単語のはずなのに発声法が異なっている事も多く、その場合は発音・リズム・イントネーションのどれかが違っています。

そのため、オーバーラッピングでは、正しい英語の発音・リズム・イントネーションを聞きながら、ひたすら聞こえてくる音声と同じになるように意識して音読することで、自己流の発音を正しい発音に変えていきます。

②リスニング力にも効果的!

英語のリスニング、早すぎて聞き取れないという方も多いと思いますが、スクリプトを読んだら理解できるのに!という事も、よくありませんか?分かるはずの文章が聞き取れない、これは非常にもったいないですよね。では、これらが聞き取れるようになるには、どうすれば良いのでしょうか?実は、一見遠回りのようですが、リスニングと同等の発音やスピードで話せるようになることが、上達への一番の近道であり、これにはシャドーイングという音読法が効果的です。シャドーイングでは、何も見ずに、英語の音声をかぶせるようにして真似ていきます。

文字情報がないシャドーイングは、文字を見ながら行うオーバーラッピングよりもかなり難しくなります。最初のうちは、英語のスピードが速くて追い付けないと思います。ですが、話せる言葉=聞き取れる言葉。シャドーイングで、英語と同等のスピードで話せる練習をしているうちに、気が付いたら耳が英語の速さに慣れて、自然に聞き取れるようになっているのです。実際、シャドーイングを行った後に、リスニングをすると、自然と一語一句が驚くほどはっきりと聞こえるようになります。

③速読力も高まる!

例えばお仕事で英語のメールや資料を読まなければならない際、正確さはもちろんですが、ある程度の速読力も求められますよね。ではどうすれば、英文を早く読めるようになるのでしょうか?日本語で黙読する場合を考えると分かりやすいのですが(普段あまり意識されないと思いますが)、頭の中では自動的に音声化して読む現象が起きています。

英語の場合も同じ現象が起きますが、この音声化が遅い分、リーディング速度も落ちるため、これには音声化を早めるサイトトランスレーションという音読学習法が効果的です。サイトトランスレーションとは、英文のまとまりごとにスラッシュ(/)を入れ、そのスラッシュで区切った英文ごとに音読→日本語に訳して音読、という方法です。

学生時代は、例えば「  I bought a bad yesterday.」の場合、「私は昨日カバンを買いました」と訳したと思いますが、これは主語(I)の後を文末から戻るように訳しています(yesterday → a bag → bought)。一方、サイトトランスレーションでは、I 「私は」/bought「買った」/ a bag 「カバンを」/yesterday「昨日」という順番で訳し、その際に英語も日本語も両方音読します。

音読した方は良い理由は、黙読よりもはるかに楽だからです。黙読だと、意外と余計なことを考えてしまったりして、脳内の情報処理が遅れます。一方音読すると、自分の口と耳を使うことで能動的な作業になり、余計なことを考える余裕がなくなるため、集中しやすいのです。慣れてくると、この作業を、黙読でも出来るようになってきます。

最後まで目を通してから訳すのと、最初から順にその場でどんどん訳していくのでは、後者の方が明らかに早く、無駄がありませんよね。長文でも、実際には短いかたまりごとに訳せば良いので、読解がグッと楽に感じるはずです。

スラッシュを入れる位置には、確固たる決まりはありませんが、かたまりがよく分からないという方は、①動詞・コンマの後、②前置詞・接続詞・that/what節・関係代名詞/副詞の前、に入れると分かりやすくなります。最初は、短めの文章から始めてみましょう。


今回は、以下3つの音読の種類とその効果について、ご紹介いたしました。
①オーバーラッピング(文字を見ながら音声にかぶせるように真似る)→スピーキング力
②シャドーイング(文字を見ないで、音声にかぶせるように真似る)→リスニング力
③サイトトランスレーション(文字にスラッシュを入れ、頭から短いかたまりごとに英語→日本語の順に訳して音読)→リーディング力

次回は、これらの学習法を、より効率的にするための学習プランをご提案いたします。


お読みくださりありがとうございました。
「いいね」頂けますと励みになります。
今後とも英語塾アブソリューションをよろしくお願いします。


あわせて読みたい