匿名のバレンタイン!?

2017年も2月に入り、まだまだ寒さが厳しい季節ですね。
そんな寒空とは対照的に、一歩お店に入ると目に飛び込んでくるのは色とりどりのチョコレート。日本ではおなじみの光景ですが、イギリスのバレンタインデーはどのような様子でしょうか?

 

イギリスのバレンタインデー事情
イギリスでは、主に恋人や夫婦で愛を確認し合うイベントと考えられています。また、意中の人がいる独身男性にとっては、相手に告白をするのにピッタリな日。
どちらかというと、男性から女性へ贈り物をすることが多いようですが、ホワイトデーがないため恋人や夫婦間ではお互いに交換することもよくあるそうです。

実は、バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣は、イギリスが発祥と言われています。1868年に、イギリスのキャドバリー(Cadbury)社が、美しい絵のついた贈答用のチョコレートボックスを販売したことがきっかけで、その風習が徐々に広まっていったそう。
ところが、イギリスではバレンタインデーの定番といえば、バレンタインカード。クリスマスカードに次ぐ2番目に最もよくカードが売れる時期とのことで、街には様々なバレンタインカードが並びます。これに、お好みの品物-チョコレートや花束(赤い薔薇が伝統)、シャンパン等-を添えて、相手に送るのが伝統的な習慣です。また、忘れてはならないのが、パートナーと共に楽しむバレンタインディナー。いつもより少し高級なレストランに予約をするのが人気ですが、自宅で楽しむ人もいます。メニューは様々ですが、シャンパンに始まり、メインの魚料理か肉料理につけ合わせのお野菜、食後のデザートをいただくのが定番です。

abso_blog_va

イギリス王室のバレンタインデー

イギリス王室の方たちは、バレンタインデーをどう過ごされているのでしょうか?公務で忙しく、ご夫婦別々に過ごされることも多い様ですが、ウィリアム王子からケイト妃に、ご成婚後初めてのバレンタインデー(2012年)に、カードと花束が贈られたことが確認されています。また、去年のバレンタインデー近くの夜には、お2人がご自宅付近のパブ(The Crown Inn)で目撃されています。忙しいお仕事や育児の合間を縫い、お2人だけでromantic dinnerを楽しまれていたそうです。偶然居合わせたお客様はさぞかしビックリされたでしょうね!

時は遡りますが、ダイアナ元妃は、宮中に仕えているお気に入りのシェフや使用人の数名に、日頃の感謝を伝えるためバレンタインカードを送られたそうです。そこには”Not many men will receive a Valentine’s card from Princess Diana – and you’re one of them!(ダイアナ妃からバレンタインカードを受け取る男性は少ないです、あなたはそのうちの1人)”と書かれています。とても気が利いていて、王室仕えをしている方々にとっては嬉しい労いのサプライズだったのではないでしょうか。

■バレンタインカードに使われる英語表現

バレンタイン2

ここまでイギリスのバレンタインデー事情をご紹介しましたが、イギリス留学時にはそんな甘い出来事とは無縁だった私。。実体験をお伝えできずに残念ですが、店先にずらりと並んだバレンタインカードをひたすらうっとり眺めていました(←怖過ぎですね)。店舗に売られているカードには、メッセージが印刷されているのが一般的なので、いくつか簡単な表現をご紹介します。

・All of me loves all of you (私の全てはあなたの全てを愛しています)
・You’re perfect to me (私にとってあなたは完璧です)
・Thank you for filling me with love (私を愛で満たしてくれてありがとう)
・I wouldn’t be me without you (あなたなしでは私ではありません→あなたがいるから私でいられます)

その他、カジュアルな言い方では、Happy Valentine’s Dayというのも定番。Dayの後にコンマをつけて、to my gorgeous(その他、wonderful, lovely等の形容詞に変更可能) wife等と加えると、グッとロマンチックに!ちなみにHappy-という言い方は、他のイベントにもよく使われますね(Happy birthday, Happy Mother’ s Day, Happy Halloweenなど)。

また、イギリスで特徴的なのが、カードの差出人を匿名にすることです。
書く場合は、From your secret admirer(あなたの秘かなる信望者より)等とします。これはビクトリア朝時代から続く伝統で、バレンタインカードに差出人の名前を書くと良くないことが起こると考えられていたそう。特に学生達は、誰からカードが送られたのか、ドキドキしながら予想するそうです。一方、パートナー同士でも匿名にする伝統は残っているそうですが、匿名にしない場合は以下のように書き、コンマの後に自分の名前を書きます。

・Forever yours, (永遠にあなたのものです)
・All my love, (全ての私の愛をこめて)

いかがでしたか?意外とシンプルな英語で、ロマンチックな表現ができますよね。
今年のバレンタインデーは、イギリス式の過ごし方を取り入れてみませんか?

お読みくださってありがとうございました。
「いいね」頂けますと励みになります。よろしくお願いします。

投稿日: カテゴリー コラム

相手を説得できる英語力を身につける。

アブソの目標としている英語力に、
「相手を説得できること」というステップがあります。

たとえば、
クライアントからの急な依頼に応えるために、
同僚のボブに残業を依頼するケース。

これはアブソの無料レッスンでも
課題としてあげているのですが、
外国人は基本残業をしてくれません。

そこをあえて説得する。
これは難しいですよ。

正しい文法、正しい単語を並べるだけでは無理です。
熱意だけでも通じません。
残業に見合うだけの何かをボブに提供し、
なおかつ心も動かすことが重要です。

アブソでは、そういった実践的な英語を学んでいきます。
そしてビジネスの場で、相手の心に訴えかける英語力を学んでいけます。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

投稿日: カテゴリー コラム

TOEICの点数だけではビジネスでは通じない、って本当?

15625660_372647559750298_3467830624273323892_o

日本人の大好きなTOEIC。
もちろん否定するわけじゃありません。
問題もよくできていますし、定量的な観点で見れば
これ以上に英語力を見える化できるツールはありません。

しかし、その一方で
ビジネスの場ですぐに応用できるか?
と問われれば、それは疑問です。
むしろ邪魔になるケースも中にはあります。

その最たる例が、綺麗な英語を話そうとしてしまう事。
そして結局モゴモゴしてしまう…。

実は、英会話では綺麗な文法はさほど重要ではありません。
むしろ「伝える熱意」や「訴えかける心」の方が重要。

日本と違って欧米諸国では、
人種・文化の異なる人たちがコミュニティーに大勢いるのが普通です。
そのため「しっかり相手の言おうとしてることを聞く」という習慣があります。
文法を間違えたまま話を進めるなんて出来事は結構よく見かけますよ。

日本では、あまり慣れない習慣ですよね。
日本語の文法を知っていて普通だと考えてしまいます。
だからこそ「綺麗に話そう」としてしまうわけですね。
まして文法や単語の知識が豊富だとなおさらです。

つまりTOEICも大切だけど、
しっかりと伝えようとすることが重要ということです。
そのアクションができると、相手は自然と耳を傾けてくれます。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

投稿日: カテゴリー コラム

15400326_369954896686231_8496076449302674549_n

英会話スクールの広告。
今は、いろんな所で見かけますよね?

そこでよく見るキャッチコピーに
「マンツーマン」というものがあります。
1対1で英語を教えるよ、というものです。

確かに1対1で学べるのはメリットです。
自分の英語力に合わせたカリキュラムで学べるわけですから。

でも、その一方で「まわりと比較できない」という問題もあります。

長年通っているけど、一向に上手くなってる実感がわかない…
レッスン中は気兼ねなく話せるけど、ビジネスの場では積極的になれない…
そんな声もチラホラ耳にします。

その理由のひとつが「場慣れ」です。
英会話とは、英語をしっかり理解することではなく、
最終的にコミュニケーションが取れるようになることが重要です。
そして、それには「まわりと比較しあう」というステップが
とても大切になってくるのだとアブソでは考えています。

まわりの人が使っている単語、文脈、説明の仕方、イントネーション…。
そのすべてが学びになるんです。

教えてくれるのは講師だけではなく、一緒に学ぶメンバー達。
そんな想いも込めてのグループ制なんです。

あと、宿題やり忘れた時の罪悪感UPのために
あえて厳しいグループ制にしてるという意味もありますね。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

投稿日: カテゴリー コラム

外国人講師と日本人講師のちがいとは?

15268084_366631117018609_975960711600092530_n

アブソでは、英語準備コース・初級コースで日本人講師。
そして、中級・上級コースで外国人講師が講座を担当しています。

なぜ、途中で外国人になるのか?

それは耳慣れを防ぐためです。
私のように何年もアメリカに住んだとしても
決してネイティブの英会話は行えません。
そういった講師にずっと教えてもらっていると
どうしても、その英語に耳に慣れてしまうんです。

ビジネスの現場に行くと、
本当にいろいろな英語を耳にします。
聞き取りやすい英語と聞き取りにくい英語があるんです。
日本語でも同じですよね。

そういった耳慣れを防ぎ、
どんな英語にも慣れることが、
途中で外国人講師に変わる理由です。

あと、英語準備コース、初級コースでは、
受講者の「わからないポイント」に共感することも大切なので、
その実体験をもつ日本人講師が教えているという理由もあります。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

投稿日: カテゴリー コラム

チャンスがある時代、チャンスを自分でつくれる時代。

先日、企業研修をしていた時に、受講生と「人生で体験した時代比較」というのを
実施してみました。

famikon

これは何でしょう?これを見て「懐かしい!」という方々は30代ではないでしょうか?Family Computer。いわゆるファミコンです。
今や、ゲームの形も変わり

wii

こんな感じに進化。さらには、

iphone

いつだってどこだってコンピューターがポケットの中に。
ゲームだって、いつだってこのDeviseでできてしまいます。
“It’s the internet in your pockets for the first time ever. ”

iphoneの紹介プレゼンテーションでSteve Jobsがそう言ってからすでに9年が経とうとしています。時代は、今、ものすごいスピ―ドで変化し進化するようになりました。そんな中で、生き方も多様化してきています。一つの会社に長く務める終身雇用のスタイルが残りつつも、キャリアチェンジを図る人々も増え、人生の中で複数の企業勤務を体験する人もいる。起業も以前よりもしやすくなり、人生をかけて
チャレンジする人も以前より増えてきました。いろいろな「あたりまえの形」が変化する中で、チャンスは待っているよりも、自分でつくれてしまう時代でもあります。

ITが発達したおかげで、世界とのやりとりはボーダレス。世界の人ともとても簡単に繋がることができるようになりました。「日本にいるから海外関係ないや。」とは言っていられません。
英語を学習する理由として、この時代背景はとても大きい要素だと言えます。
英語ができたら、今の持っているスキルや仕事が2倍に表現でき、可能性が2倍に広がります。

英語に向き合うことは、日本語にも向き合うこと。
日本語に向き合うということは、自分の普段のコミュニケーションの癖やあり方を見直すきっかけができるということ。
コミュニケーションに変化が起これば、自分の人生に起こることも変わっていきます。

You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. (Steve Jobs)

(未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると 信じなければならない。)

たくさんのChallengeをして、自分のキャリアを創り上げていきましょう。

投稿日: カテゴリー コラム

I’m wondering if・・・.

英語学習をスタートさせるとき、「英語学習は学生の時ぶりだ。」という方もいれば、「社会人になってからも学習している。」という方もいると思います。

私たちが使っている日本語のことを考えても、学生時代に使っていた日本語と
社会人になってからの日本語は種類が違いますね。「おつかれさまです。」という口頭の挨拶も、「ご査収ください。」という言い方も、学生の時は言わないわけです。ということは、学生の時の英語学習では、さほど言葉のチョイスに敏感に学習していたわけではないと思います。

アブソリューションの英語学習は、みなさんのキャリアのためのビジネス英語レッスンをしています。言葉に敏感に、ビジネス英語の言葉のインプット!今日はその中から誘いの表現をいくつか紹介します。

key

基本文:今度のイベントに参加することはできますか?

これを訳していきましょう!

■Can you come to the up coming event?
→Can you~?というカジュアルな表現で「今度のイベント来られる?」というニュアンスです。

■Could you come to the up coming event?
→Could you~?とすると「~に来られますか?」と丁寧な言い方になります。

■Would you please let me know if you have time for the up coming event?
→「今度のイベントに参加する時間があるかどうか教えていただけませんか?」というニュアンスですね。ここでの「if」は「もし」ではなく「~かどうか」という意味です。

■I’m wondering if you can come to the up coming event.
→「wonder」という単語で「謎に思っている」という意味なので、「今度のイベントに来られるのかな~と思って・・。」という、直接的依頼ではなく、様子をうかがうスタンスです。

■Do you mind coming to the up coming event?
→「mind」で「気にする」という意味なので、直訳すると「今度のイベントに来ることは気になりますか?」というもの。イベントに行ける場合には答えが「No, I don’t mind. 」という否定形になります。

 

学習するときには、このように派生させて覚える方法がおススメです!

 

投稿日: カテゴリー コラム

Absolutionパーティー開催しました☆

9月も最終日ですね。いよいよ学習の秋本番が始まります。
アブソリューションの9月のハイライトといえば、やはり「パーティー」でしたね。

思った以上にたくさんの方々に参加していただき、あっという間の熱い数時間となりました。

14269506_1130256793720920_1688350357_n

英語力を上げるのに欠かせないのが「語彙力」。
語彙は、果てしなくたくさんあるので、教養の一環として
永遠に学習できる項目でもあります。語彙力がある人は、
表現力が豊かになりますね。
苦労せずに覚えられたら・・という方がたくさんいらっしゃるのではないか?
と思い、参加者全員にこちらをプレゼントしました☆

↓↓↓↓

14501954_1148284175251515_419283217_n

Do you know what that is?
ドラえもんにお願いして、暗記パン出してもらいました(笑)
これを食べれば、暗記力が上がるに違いありません。
(結局、ドラえもん頼み?(笑))

Absolutionは、Absolute(絶対的)+Solution(解決)を
合わせ、思いを込めたスクール名です。この秋も、一人一人の
「成し遂げたい姿」を叶えるべく、キャリアと英語力の充実を
サポートしていきます☆

14536493_1148284215251511_554744325_o

投稿日: カテゴリー コラム

「暑い」の表現のバリエーションを増やそう

Hi, how are you?

夏休みのシーズンの8月ですね。今年から新たに加わった祝日の「山の日」。
日本の祝日は、世界で三番目に多いってご存知でしたか?日本人は働き者!という
認識が世界にはありますが、祝日を利用して効率よく休みを取る働き方も主流になってきているのではないでしょうか?今年から登場の山の日を利用して、長いお休みを取っている方も多いかと思います。

日本の夏は、高温多湿!ムシムシしている空気の中にいると、わかっていても出てしまう「あぁ、、暑い。」という言葉。「暑い」というのもいろいろバリエーションがあります。

hot

■It’s hot!
→まず暑いといえば「hot」ですね!この表現にもう一つ表現を足してみましょう!

■hot and humid
→ humidで湿気を表現できるので「暑くてムシムシ」となります。

■hot and muggy
→muggyも湿気を表現できるのですが、湿度が高い時はこちらが使えます。

■hot and sticky
→stickは「くっつく」という意味なので、そこから「べたべたくっつくような感じ」という意味合いで使います。

■hot and steamy
→steamは「蒸す」という意味なので、蒸された感じ、ということが表現できます。

■hot and sweaty
→sweatは「汗」という意味なので、「汗だくだくの暑さ」というにはこの組み合わせ。

■melting hot
→meltは「溶ける」という意味ですが「溶けそうに暑い」という時はこの表現で。

 

お天気や気候の話題は、ビジネスの出張に行った時なんかもSmall Talkとして出てきますよね。一つの単語に何かを組み合わせることで、細かいニュアンスが伝えられるようになります。「暑い・・」とつぶやきそうな時には、英語でつぶやいてみましょう。気がまぎれるかも?(笑)

 

投稿日: カテゴリー コラム

アメリカ大統領選「I was worn out.」

Hi, how are you?

8月に入り、アメリカ大統領選も佳境に入りましたね。

大統領選の演説は、表現が力強く、メッセージもシンプルでわかりやすい構成になっていますよね。話すスピードもゆっくり目で、旬なトピックを追いかけながら英語学習にも役立てることができるので、一石二鳥です。

今日は、先日行われた、オバマ大統領がヒラリーに関して行ったスピーチから英語表現を学んでみましょう。


We battled for a yeah and a half. Let me tell you it was tough. Because Hillary was tough. I was worn out.

※私達は、一年半選挙戦を戦ってきました。とても大変でした。なぜなら、ヒラリーが強いからです。私は、クタクタです。


「疲れた」という表現はいくつかありますが、ここで出ていた「worn out」も含めて様々な表現の仕方を見ていきましょう。

①I’m tired. 「疲れた」

→これがすぐに出てくる表現!という人も多いのではないでしょうか。これを基準に他の表現もみていきましょう。

②I’m exhausted. / I ‘m worn out. 「クタクタ・ヘトヘトです。」

→これは、体がもう動かない・疲労困憊、という時に使う表現です。オバマ大統領も、ただ単に疲れていたのではない、というのを表現したかったのでしょうね。

③I’m drained.「疲れきった」

→辞書で「drain」という単語を調べると「排水する・流す」という意味が出てきます。このイメージに重ねて、自分のエネルギーを出した・流しきったという意味合いをおびてきます。

④I’m burn out. 「疲れ果てた」

→burn outには「燃え尽きる」という意味もあります。日本語でも疲れた時に「燃え尽きた」といいますね。同じように肉体的にも精神的にも疲れたことを表現できます。


英語表現力をつけていくためには、一つの言い方を何パターンかで言い換えてみる、という手法がオススメです。関連付けたほうが一気に覚えやすいので、単語を調べるときは似た表現も辞書でみてみてくださいね。

投稿日: カテゴリー コラム