日本と違う? 英文メールでほんとに使えるフレーズ

実際に会話をしなくても、ビジネスで英文メールをやりとりする機会がある方は多いと思います。
日本でビジネスのメールをするときは【お世話になっております】や【よろしくお願いします】等、ある程度決まりきった表現がありますが、英文では特にそういう決まったフレーズはありません。
慣れないうちは書き出しや締めくくりの言葉で悩んでしまうことはありませんか?
今回は、英文ビジネスメールで、私が実際使っている書き出し&締めくくりの言葉をご紹介していきます。
1494398368

 ◆Thank you for your reply.
メールの書き出しに使えるフレーズで「ご返信ありがとうございます」の意味です。
他にも「Thank you for your inquiry」(お問い合わせありがとうございます)などお礼を交えた書き出しは良く使います。

◆Please let me know if you have any questions.
すでに書いた内容に対して「何か質問があれば連絡ください」と言うときに使うフレーズ。
これを一言付け加えることによって、相手を思いやった雰囲気になります。

◆I’m looking forward to hearing from you.
これは「お返事お待ちしております」の意味でメールの最後に使える便利なフレーズです。
「I’m looking forward to doing business with you」等、I’m looking foward to~の表現は応用して最後の締めくくりに使えます。

◆Best regards,(Kind regards,)
「敬具」「よろしくお願いします」のような結びの言葉です。
結びの表現は色々ありますが、面識のある人に対してビジネスでも友人同士でも使える便利なフレーズです。
インドネシアではこの言葉が良く使われています。
相手に何か依頼をする場合のメールにはThanksやThank youで終わらせることも多いです。

ビジネスメールは丁寧さももちろん必要ですがまわりくどく書くのはNG。
相手が忙しい中でもさっと読んですぐに分かるようなそして思いやりのある文章を心がけたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
スタッフ

投稿者: スタッフ

staff@新宿の英会話・英語塾アブソリューションです。 英語にまつわる時事ネタや蘊蓄の他、ちょっとしたレッスンなどを発信しています。

投稿日: カテゴリー コラムタグ ,