フランス人は英語学習を頑張らない?好きな事から英語をマスター(音楽・書籍編)


★初心者のためのビジネス英語なら英語塾アブソをおすすめします★ 
■秋葉原校では英語レギュラーコース参加者を募集しております。
楽しく上達を実感できる英語教室で英語を学んでみませんか。
お気軽にご相談下さい。(個別相談会)

英語初学者だった私がフランスに移住し、フランス人と一緒に英語を学ぶ中で衝撃を受けた事、それは、クラスメイトのフランス人と私とでは、英語の学習方法が異なるという事です。

私は学生時代からの習慣で、とにかく単語を覚える事が英語学習の第一歩だと考え、ノートが真っ黒になるまで単語を何度も書いたり、単語帳アプリを使って暗記したりしていました。そんなある日、フランスの英語学校の休み時間に単語帳アプリを開いていると、クラスメイトから衝撃の一言がありました。

単語帳って何?

「何それ!?すごいクールじゃん!」。私が単語帳アプリを開いていると、それを見たクラスメイトが驚きの声をあげました。次々にクラスメイトが私のアプリを覗きに来て、これは便利だと皆がひとしきり感心しています。遂には先生までが「このアプリすごく良いわね、あとで教えて」と言ってきました。フランスで単語帳が売ってないわけではないと思うのですが、一般的ではなく、かなり珍しいという事に気付きました。

そして、私も衝撃を受けました。ノートが真っ黒になるまで何度も書いて単語を暗記しないのだったら、一体どうやって英語勉強しているの??

音楽を聴いて覚える(10代男性)

「俺は歌が好きだからいつも英語の歌を聴いているよ」
まだ18歳のトマ(仮名)はそう言って休み時間もイヤホンをして音楽を聴いています。そんなトマ、文法や単語の意味はイマイチだけど、話すときの音の流れがとても美しいです。いつも単語と単語の繋がりや文法を意識して音楽を聴いているからこそ習得できた長所なのかもしれません。

本を読んで覚える(40代男性)

以前もご紹介した物静かなエンゾ(仮名)は、いつも本を読んでいました。英語で書かれた一般的な物語と、その両側に難しい単語の意味が書かれている書籍で、英語初学者にはぴったりの本です。
「本を読むのは好きだし、英語の勉強にもなるからね」と話してくれたエンゾは、スピーディーに話すのはあまり得意ではなかったけれど、文章を書くのは誰よりも早く、長文構成が得意でした。美しい文章を読んでいるからこそ、伸ばせた長所なのかもしれません。

彼らから、英語学習を日常生活から切り離した「学習」としてではなく、好きな事や得意な事から始めれば良いのだという事を改めて教えてもらいまいた。私はついつい単語を覚えて、文法もヒアリングもライティングも…と欲張って手を伸ばしすぎていましたが、肝心な「楽しむ」という事を忘れていたように思います。
好きな事や得意な事から始める事が、英語学習を日常的に継続するコツなのだと、フランス人の自由な英語勉強法を見ていて気付かされました。


あわせて読みたい