今日のひとこと 「○月○日まで不在にしております」


1 今日のひとこと

I’ll be out of the office from (date) to (date), with limited access to email.

「(日付)から(日付)まで不在にしており、Eメールにあまりアクセスできません」
前回は、会社が休業日という案内のフレーズをご紹介しました。けれど、会社はやっているけど出張や有休で自分だけ不在にする時もありますよね。

今回は、そんな時に使える表現、I’ll be out of the office from (date) to (date), with limited access to email.です。

with-以下は、通常と変わらずEメールを確認できる場合は不要ですが、メールをあまりチェックできなさそうな場合に、一言添えておくと安心です。

2 文法解説 

主語I「私」+未来の助動詞willの後は、動詞原形がくるので、be動詞原形のbeが来ます。

その後のout of –は「~から離れている」で、「オフィスから離れている」=不在にしているという意味です。

ちなみにですが、I’m out of workだと、仕事から離れている=「失業中」という意味なので、間違えないように注意しましょう。

out of-には、他にも様々なフレーズがあります(次は、ほんの一例です)。
・out of order「故障中」
・out of stock「在庫がない」
・1 out of 4「4つのうち1つ」

from (date) to (date)は、「(日付)から(日付)まで」。
不在にするのが1日だけならon (date)、2日間の場合もon (date) and (date)でOKです。

最後に、with limited access to email。
withには「~と一緒に」の他にも数多くの意味がありますが、ここでは「-の状態で」。
limitedは「限られた」、access to は「~へのアクセス」なので、直訳すると「Eメールへのアクセスが限られた状態で」となります。

3 その他の表現

会社のパソコンに全くアクセスできない場合は、’limited’’no’に変えましょう。

・I’ll be out of the office from (date) to (date), with no access to email.

フレーズ冒頭の‘I’ll be out of the office’ の部分を変えれば、不在の理由を伝えておくこともできます。

・I’ll be taking a day(複数日ならdays) off-「休みを取ります」

・I’ll be away on a business trip -「出張します」

あとは、念のため、代理の担当者と連絡先を伝えておくと安心ですね。

・For urgent matters, please contact (name) at (phone number, email address).
「急用の場合、(名前)の(電話番号、Eメールアドレス)にご連絡下さい」

自分の私用の連絡先なら、(name)の部分をmeにします。

***
会社を不在にする予定があり、その間Eメールが(あまり)確認できなそうな場合は、ぜひこのフレーズで、事前に連絡しておきましょう♪