外国人に大人気の浴衣を英語で説明


それは着物ではありません。Yukata

9月に入ってようやく朝晩は涼しい風がふくようになりました。それでも残暑が続く中、少し涼しげな服装で過ごしたい。
こんな時は、花火とセットの夏の風物詩をお客様にご紹介してみてはいかがでしょうか。
花火大会がせまる夕暮れ。お客様から、
I often see the young people wearing Kimono these days.
(最近よく着物を着ている人を見かけるんだけど)
They are beautiful.
(着物は素敵ですね)

と話しかけられたら・・・

They are probably Yukata, a light summer kimono.
(それは浴衣だね、夏用の薄い着物)

そうです。さらりと着れる木綿地、夏限定の衣装。今回は、浴衣について英語で語ってみましょう。

浴衣と着物はどう違う?

日本語でも説明が難しい「浴衣」と「着物」ですが、英語ではどう説明したらよいのでしょうか。

Yukata and Kimono look similar but they are different.
(浴衣と着物は似てるけど違うんだ)

Kimono are made from silk.
(着物は絹で作られる)

そうなんです。まず作られている布が違うんですね。その他にも違いがいくつかあります。

Yukata are generally made from cotton and worn only in summer.
(浴衣は一般的に木綿で作られて、夏の間だけ着るんだよ)

Yukata are easier to try on than Kimono.
(浴衣は着物より簡単に着られるよ)

Yukata is often sold at a reasonable price compare to Kimono.
(浴衣は着物に比べると手頃な値段だよ)

気軽に買えてジャブジャブ洗える浴衣は、日本の夏を楽しむためにちょうどいいアイテムです。お客様にもぜひトライしてもらいたいですね。

着物といえばパーティー。では浴衣は?

ところで浴衣は日常着なので、フォーマルな席に着用するのはマナー違反です。
素敵な柄が多く、気軽に着ることができるため、お客様が着物の代わりにパーティーに来て行きたくなるかもしれませんね。
一言注意を付け加えておきましょう。

Yukata can’t be worn at the formal occasions like wedding and party.
(浴衣は結婚式やパーティなどの正式な場所には着ていけないよ)

もう一つ、着るときにも注意事項がありますね。

Make sure that the left side is wrapped over the right when you put on Yukata.
(浴衣を着るときには左側が右側の上になるようにね)

どうして?って聞かれてしまったら・・・

Opposite is for dressing the dead…
(反対は亡くなった方が着る方法だからだよ)

あ、ちょっとひんやりしてきました?