海外から大注目! 食のテーマパーク Depachika


1 ハリウッドセレブが極秘で訪れる! デパ地下の魔力

今年の春「ハリウッド俳優が極秘来日中、老舗デパートの地下でお買い物を楽しんでいた」というニュースがありました。
外国のお客様、特にFoodies (グルメな人たち)なお客様には、デパートの地下食品フロア、デパ地下が

Culinary Wonderland (料理のおとぎの国)
さらに
Foodie Heaven (グルメ天国)
とまで呼ばれているそうです。

日本人にとってはデパート=「お出かけ」な場所ですが、デパ地下は外国のお客様にとっては日本の食文化をかいまみることのできる、食材のテーマパーク。
有名な観光地と同じぐらい、

Visiting a Depachika is a must!
(デパ地下には必ず行かなければならない!)

スポットになりつつあるのです。

 

2 デパ地下を英語で説明

I am getting tired of eating at restaurants.
(レストランでの食事するのは飽きたなぁ)
I just want a snack on the go or eat back at the hotel.
(移動しながら、またはホテルに帰って食べれる簡単な食事がいいな)
I need to do the souvenir shopping.・・・
(お土産の買い物もしなきゃ・・・)

とお客様が口走ったら・・・ここぞとばかりにオススメしましょう。

Let’s go to the depachika for some takeaway food!
(お持ち帰りをするならデパ地下へ行きましょう!)
Depachika means “the basement of the department store”.
(デパ地下っていうのはデパートの地下フロアっていう意味ね)

ええ? そんなところに何があるの? それになんだか暗そうな場所に聞こえますよね。

そこは
The food area is located on the basement floors in most of the department stores.
(食品はほとんどのデパートの地下にあるんだよ)
Depachika is a foodie’s heaven.
(デパ地下はグルメな人にとっては天国なんだから)
You can’t miss depachika!
(デパ地下には必ず行かなければならない!)

と熱く説得しす。

 

3 「食べたいものがわからない」そんな人にこそオススメ

説得で心が動きそうになってきた…ところで、お客様がこうひとこと。
But I don’t know what I want to eat.
(何が食べたいかわからないんだよね)

Ta-dah!
(ジャジャ-ン)
Dapachika is the perfect place for someone like you!
(デパ地下はそんな人にうってつけの場所なんだよ!)
Drooling?
よだれがでてきた?

次回ではデパ地下のあれこれを!