大豆で邪気を払う伝統行事 Bean Throwing


1 大豆があちらこちらに落ちている! これって……?

みなさん、節分はいかがお過ごしでしたか? ご家族と一緒に恵方巻きなどを楽しんだのでしょうか。

そんなあなたに、今週あたりにお会いするお客様から
There were soybeans everywhere!
(大豆があちらこちらに落ちてた!)

People were throwing the beans to the evils!
(みんな鬼に向かって豆を投げてた!)

What is going on?
(一体何がおこっているんだ)

と聞かれるかもしれません。

2 年に4回ある節分

それでは「豆まき」ついて英語で説明をしてみましょう。

Oh, that is called Mamemaki, the bean-throwing tradition.
(あ、それは豆まきって言われる伝統行事だよ)

豆まきは節分に行われるのです。

ところで知ってました?
節分って年に4回あるんですって。
節分とは「季節を分ける」という意味で、立春、立夏、立秋、立冬の前の日を「節分」と呼ぶそうです。

3 豆をまいて邪気を払う……英語では?

Setsubun means “seasonal division”

季節の変わり目には邪気が生じると考えられています。
で、立春の節には「豆をまいて邪気を追い払う」という風習があるのです。

It is believed that the seasonal division brings the bad luck.
(節分には邪気が生じると考えられてます)

Before the spring starts, people throw the beans at the evils and drive out the bad luck.
(立春の前に、鬼に豆をまき邪気を追い払います)

When throwing the beans, we say “Bad luck out! Good luck inside”
(「鬼は外、福は内」と言いながら、豆をまきます)

思い切って投げると、いいストレス発散にもなりますね。来年はお客様にもぜひ参加していただきたいものです。

If you eat the same number of beans as your age, you will enjoy a year of good health!
(歳の数の豆を食べると、1年が健康で過ごせるそうです)

みなさんは歳の数だけ豆を食べれましたか。もしかしたら結構な量に……。

ではまた次回!


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*