おさらい英文法 vol.13 骨格にパーツを組み込む。英文はまるでプラモデル!?

前回の「おさらい英文法」は夏休み直前のビッグな振り返り、英文を作るのに重要な、文構造の基礎、5文型をみていきました。自分で文を作ったら、まず「あれ?これってなに文型?」と意識してチェックする。この習慣がついたら、しめたものです。
今週は引き続き、文の作り方の基礎を徹底解説。実際に文を作るときに使うパーツ、品詞をご紹介します。みなさんの英作文をぐっとレベルアップしちゃいますよ。
1501024825

基本的に文型には、決まった品詞しか、当てはめることができません。プラモデルを組み立てるときのように、型にあった品詞を並べていきましょう。

●品詞
品詞は大まかに、8つに分類されます。全部覚える必要はないので、「へーこういう種類があるんだ」と思って見て下さい。
①名詞、②代名詞(he/she/itなど)、③動詞、④形容詞、⑤副詞、⑥前置詞(in/on/atなど)、⑦接続詞(and/butなど)、⑧間投詞(Wow/Ohなど)

文型を作るのに活躍するのは、①〜④まで。これらを、文型に登場するS(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)にあてはめてみると……。

S=名詞/代名詞
V=動詞
O=名詞/代名詞
C=名詞/代名詞・形容詞
ほら。登場するのは、名詞/代名詞・動詞・形容詞です。

では先週やった五文型に品詞を当てはめてみましょう。
①S(主語)+V(動詞)
名詞/代名詞+動詞
②S+V+C(補語)*S=C
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞/形容詞
③S+V+O「を」(目的語)*S≠O
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞
④S+V+O「に」(間接目的語)+O「を」(直接目的語)*O≠O
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞
⑤S+V+O(目的語)+C(補語)*O=C
名詞/代名詞+動詞+名詞/代名詞+名詞/代名詞/形容詞

形容詞が主語になることもないし、平叙文では主語の後ろは必ず動詞。このように、日本語とは違ったルールが存在するのです。まずはこれらを理解することで、グーンと文章を作りやすくなります。
大まかにいうと、文の骨格=名詞/代名詞&動詞、修飾語=形容詞&副詞(副詞は五文型に登場しませんがなかなか重要です。例えば’She is here.’「彼女はここにいる」の、hereが副詞。)文の骨格、そしてそれにあったパーツを入れているかを意識して、自分の作った英文を見返してみましょう。

さて、これらパーツの中でも、名詞は、S(主語)・O(目的語)・C(補語)になれるオールラウンドプレイヤーです。名詞が見分けられると、さらに文章を作りやすくなります。詳しくみていきましょう。

●名詞
名詞=ヒト・コト・モノの名前。
大きく分けると、数えられる名詞(可算名詞)と、数えられない名詞(不可算名詞)があります。
英語は数にうるさい言語です。日本語にはない習慣なのでわかりにくいと思いますが、名詞ときたらまず数を意識すれば、簡単に種別に振り分けられます。

数えられる名詞は2種類あります。a/an(冠詞)+単数形、または複数形(-s/es)になるもの。
①普通名詞
一番オーソドックスな、ふつうの名詞。
(例)a pen/pens, an apple/apples
*冠詞は、名詞の発音が母音(a,i,u,e,o) 始まりのものはan、その他はaがつきます。
②集合名詞
何人かのメンバーから成り立っているグループの名詞。
(例)family(家族), police(警察), government(政府), class(クラス)など
「1つにまとまったグループ」として捉える場合=普通名詞と同じ。
(例)・My family lives in Tochigi.「私の家族は栃木に住んでいます」(家族=1まとまり)
staff
一方、メンバー1人1人を考えていることを強調したい場合は、名詞は単数形のままですが、動詞が複数形になります。
(例)・My family are all well.「家族みんな元気です」(家族1人1人)

数えられない名詞は3種類あります。単数形にa/anがつかない、複数形にならないもの。
①物質名詞
water(水)、air(気体), gold(金属),rain(雨)など、一定の形をもたないもの。
②抽象名詞
love(愛), kindness(親切), freedom(自由), music(音楽)など、目には見えない概念です。これは数えられませんねえ。
③固有名詞 *最初が大文字になるもの
Japan(国名), Mt. Fuji(地名), Shakespeare(人名), January(月)など、1つしかないものの名前

***
いかがでしたか? 万能選手、名詞の性格が、なんとなく見えてきたでしょうか。
次回のおさらい英文法では、文の構造を押さえるためにさらに品詞を攻めていきます。お楽しみに♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー おさらい英文法

おもてなし English 2.0 日本の粋を和菓子で伝える Nerikiri

おもてなしEnglish 2.0の第二回目は和菓子、それも「練りきり」に注目しました。

練りきりは江戸時代から作られ始めた伝統的な和菓子。日本の四季や行事を表現したものが多く、茶席にもよく使われる上品な上生菓子のひとつです。
茶席では、あま~い練りきりを苦味のある濃い抹茶と一緒に頂きます。このコントラストが「粋」ですね。
この練り切りをシンプルな英語で説明して、団子、まんじゅう、もち、あずき、抹茶スイ-ツだけでない、奥深い和菓子の世界を、観光客の方に伝えてみようではありませんか!
1500873563
観光案内をしていて、ちょっと疲れたかなと思ったら
Let’s take a break and have something sweets! (ちょっと休憩して、何か甘いものでも食べましょう)
と提案してみましょう。

デパートの地下食品街、または甘味屋さんが近くにあったら
Do you want to try Japanese sweets called nerikiri? (練りきりという和菓子を試してみない)
せっかく日本にいるんだから、和菓子は食べていってもらいたいですよね。
もし、What’s Nerikiri? と聞かれたら、練りきりの簡単な説明を。
Nerikiri’s dough is made of white kidney bean paste (Siroan), sugar, rice flour(Gyuhi) and water.
(練りきりの生地は、白いんげん豆のペースト、砂糖、求肥、水を混ぜ合わせたものです)。
「豆に砂糖を混ぜるの?」って驚かれる場合もあるかもしれません。
Colors are added to the dough with the food colorings. (食品着色料で生地に色づけします)Then, the dough is formed into motifs of the season.(そして生地を季節を表すモチーフの形にします)
どんな季節のモチーフが使われるかという例もあげてみましょう。
For example in Spring you will see cherry and plum blossoms.
(例えば、春であれば桜や梅の花の形の和菓子があります)
In Summer there will be hydrangea flower and green maples.
(夏になれば、あじさいや青楓など)
Nerikiri represents Japanese nature.
(練りきりは日本の自然を表現しています)

このように、日本では季節を和菓子で楽しむという文化があることが紹介できます。事前にどのような季節のモチーフが和菓子に使われているか、調べておくとよいですね。

Would you like to try one? (1個食べてみますか?)
It is too beautiful to eat! (食べるにはもったいないぐらい美しい!)なんてコメントもあるかもしれません。
It is so good! (すごくいいね!)
I love it! (気に入ったわ!)

そうでしょう。そうでしょう。

気にいってくれた方には、こんな解説を付け加えてみてください。
Nerikiri is often served during tea ceremonies with matcha.
(練りきりは茶席で抹茶と一緒に頂きます)
Enjoy the combination of sweetness and bitterness.
(甘みと苦味の組み合わせを楽しんで下さい)

和菓子は5感を使って頂くお菓子といわれています。観光客の方と一緒に、私たちの五感も研ぎすませる機会になるとよいですね。
それでは、第三回目のおもてなしEnglish 2.0もお楽しみに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー おもてなしEnglish 2.0

おさらい英文法 vol. 12 英語世界のマップを手にいれる

「ネイティブに日本語で思っていることをズバリと相手に伝えたい!」そう思って英文を作ろうとして、とたんに頭がまっしろになったことはありませんか? 以前の私はそうでした。単語が浮んできても、どうやって組み合わせたらいいか迷ううちに、曖昧な表情を浮かべて話すのをやめてしまう….。
1500419283私たちが学校で習ってきたのは、文法理解と、すでにある例文の真似をして文を作る技術です。受験には良いのですが、コミュニケーションの要である文を自分の力で組み立てる力が育っていない。例文がない現実世界では、マップを持たない探検家のように迷ってしまうことになります。
そんな私たちに何をプラスしたら、話せるようになるのでしょうか。

「おさらい英文法」は今回から3回シリーズで、話したいことを話すための第一歩、文を組み立てる力について取り上げます。まずは、文法の基礎の基礎である文の構造と文型から。
いやー、なんか遠回りじゃない? と思われる方もいらっしゃるでしょう。けれど実はこれ、私がこれまでの英語学習の経験から辿り着いた、とっても効率的な道筋なのです。探検家にはやはりマップが必要です。ここを抑えて、文の組み立て力を手に入れましょう。

●文の種類

文は、4種類に分類されます。

①平叙文 *肯定文(普通の文)・否定文(no/not等がつく文)に分かれます。
(例)I like sushi./ I don’t like sushi.

②疑問文(例)Do you like sushi?

③命令文 (例)Come here.「こっちへ来て」

④感嘆文 (例)How nice (it is)!「わぁ素敵」(前記事を参照)

よく使うのは①②。
そして、否定文や疑問文を作るためには、まず肯定文の作り方を理解することが必要です。
そこで次に、肯定文の基本型を見てみましょう。

●基本5文型
苦手意識のある方もいるかもしれませんが、暗記する必要はありません。例外もありますが、基本的に英文はこの5つに分類できる、というイメージを持っておくと、文を読む&作るのがぐっとラクに。

①S(主語)+V(動詞)
(例)Mary came.「メアリーが来た」

②S+V+C(補語)*S=C
(例)She is beautiful「彼女は美しい」*she(S)=beautiful(C)

③S+V+O「を」(目的語)*S≠O
(例)I have a pen「私はペンを持っている」
*目的語は、ほぼ「を」と訳されますが、例外もあります。
(例外1)I need some money「お金が必要だ」/I want to go there.「そこへ行きたい」
いつも自然な訳を心掛けている方でも、ここは急に直訳して「お金を必要としている」/「そこへ行くことを望む」と考えると、文の構造を意識することができます。。
(例外2)She entered the room.「彼女は部屋へ入った」/I attened the meeting.「会議に出席した」
どう考えても「を」にできないので、例外と捉えましょう。ポイントは、主語とイコールでないことです。

④S+V+O「に」(間接目的語)+O「を」(直接目的語)*O≠O
(例)I gave him a chocolate.「私は彼にチョコレートをあげた」
*S+V+O「を」+to/for+O「に」、でもOK。
(例)I gave a chocolate to him.「私はチョコレートを彼にあげた」

⑤S+V+O(目的語)+C(補語)*O=C
(例)We call him ‘Bob’.「私たちは彼をボブと呼びます」*him(O)=Bob(C)

***
今まで何気なく使っていた肯定文のほぼすべてが、この5つの文型に当てはめることができます。
次回は、これらのS,V,O,Cにどんな単語をあてはめれば文章になるのか、具体的に見ていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

9月コース申し込み受付開始しました!

夏の暑さも日に日に増していきますね!It’s getting hotter and hotter.
そんな中、アブソリューションの9月コースの入学受付が始まりました!

201709

アブソリューションのクラスでは、生徒様一人一人の英語学習ゴールが
よりスムーズに達成できるよう、基礎力サポートで英語力向上のベースを固め、
リアリティあふれる実践演習をクラス内で行います

◆アブソリューションの特徴◆

1、オリエンテーションで効率のよい学習方法の習得ができる!
  アブソリューションでは、学習者一人一人の「なぜ学ぶのか」を一緒に考え明確にすることを大切にしています。「ずっと英語を話したいと思っていた。」「将来の仕事のため今から学んでおきたい。」など、学習理由は様々ですが、その先にある具体的なビジョンを思い描くことが、学習をスムーズに進ませる秘訣です。
ビジョンメイキングの他に、日々忙しい学習者のみなさまが、どのように効率的に
学習できるのか?という学習方法もお伝えしています。
9月コースのオリエンテーションの日程は、9月15日(金)または16日(土)です。

2、英語力向上&学習相談会で今まで英語力が伸びなかった理由が解明できる!
  アブソリューションにいらっしゃる多くの学習者の方々が「以前にも英語学習したことがある。」という経験を持っていらっしゃいます。独学したり、いろいろ試してみたり・・。それでも英語力に自信がつかなかった、あるいは、継続学習できなかった、、という方々の英語力向上&学習相談会を行っています。
実は、学習には「タイプ」があり、自分が「何タイプなのか?」を明確にすることで、効率的に学習でき、かつ、英語力も向上します。過去に挫折したことがある方も、恥ずかしがらずにぜひ相談にいらしてください。一緒に「なぜ?」を明確にしましょう!

3、楽しく学ぶ、継続する習慣をつける!
  英語力向上のために欠かせないのが「習慣化」です。「英語が話せる自分」の姿を実現させるには、やはり習慣化が欠かせません。人は新しい物事を習慣化するのに約3週間かかるといわれています。そのスタートダッシュをお手伝いする仕組みがアブソリューションにはあります。クラスに来るのは週一回90分ですが、それ以外の時間も実は学習できるサポートシステムがあります。SNSでクラスグループがあり、ネイティブの先生がサポーターとして毎日英語力をサポートしてくれます。
 一人ではできないことが、みんなとはできる!これが塾に通うなによりのメリットだと思います。コツコツ学ぶことで、無意識に口から英語が出る日を目指しましょう!

_____________________________________

 アブソリューションは、3か月ごとに入学期があるシステムです。
 2017年の最後の入学チャンスは9月期!9月~12月まで一緒に学び、
 来年へのスタートダッシュをはかりましょう!
 コースが終わると、楽しい修了式もありますよ!学習をがんばった3か月後に
 一緒に英語を話しながら食事ができる瞬間は、喜びがひとしおです!

 入学や学習方法で悩んでいる方は、お気軽に無料相談会へお申込みください。
 満席の日もあるので、ご予約はお早めにお願いいたします。
 Hope to see you soon!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム

おさらい英文法 vol.11 混同しやすい「現在形」と「進行形」

現在形と進行形(be-ing)。この使い分けって、みなさんどうされてますか?

簡単だよ。基本的には、現在形=「○○だ」、進行形=「今○○している」だ。

その通り! では例えば「東京で働いています」は、’I (work/am working) in Tokyo’のどちらでしょうか?

実はどちらも正解! ですが、少しニュアンスの違いがあります。今日のおさらい英文法は、現在形を抑えながら、二つのニュアンスの違いを解説していきます。これ、よく会話に出るところです。抑えておきましょう。

●現在形=「永続的な状態」、進行形=「一時的な近況」
皆さんは、例えば外国人に日本語で「東京で働いています」と言われた時、東京でずっと働いているのか、それとも一時的か、どちらを思い浮かべますか?

日本語ではどちらもあり得ますよね。ですが英語では、現在形=ずっと(永続的)、進行形=今だけ(一時的)、と区別して使われます。
なので、例えば定年まで東京で勤める(転職・転勤の予定が、今の所はない)場合は、現在形で’I work in Tokyo’。

一方、進行形で’I’m working in Tokyo.’と言うと、「普段は他の場所で働いていて、今は一時的に東京で働いている」というニュアンスになります。
進行形=今この瞬間というイメージが強いですが、この「一時的」は長めの期間にも使えます。
(’I’m working in Tokyo for a few years’「数年間」など)

同様に、「ABC社に勤めています」も、普通に勤めているならば現在形(’I work at ABC company’)、例えば転職を考えていてとりあえず一時的に働いているという場合は進行形(‘I’m working at ABC company’)になります。

●現在形=「習慣、繰り返す行為」
私たち日本人にとって、間違えやすい時制の罠が、この習慣を表す現在形です。
・I check my emails every morning .「私は毎朝、Eメールを確認します」

というのも、一般的な和訳に倣って「確認します」としましたが、実際には日本語で「確認しています」が、習慣を表すことも多いですよね。これって、進行形っぽくないですか? けれど、習慣を表す場合、英語では現在形を使うのです。文法的には間違いになってしまうので、気をつけて! (NG:‘I’m cheking my emails every morning.’)

習慣を表す用法は、every day「毎日」、once a week「週1回」、on Fridays「毎週金曜日」等の言葉と一緒に用いることが多いです。

同様に、繰り返す行為にも、現在形を使います。
・She often plays the piano.「彼女はよくピアノを弾きます」
*主語がHe/She/It(または単数名詞)の場合、現在形の動詞(‘play’)に’-s’または’-es’をつけます。

この場合も、実際の日本語では「弾いています」と進行形っぽい感じでいう事も多いですが、’She’s often playing -’は間違い。

頻度を表す副詞(always「いつも」、sometimes「時々」、never「全く―しない」等)と、よく一緒に使われます。

***
日本語の「○○している」=英語の進行形というイメージが強いですが、用法によっては(永続的な状態・習慣の)現在形が使われるんですね。

日本語を直訳すると陥りやすい罠です。意味を考えて使い分けましょう♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム

おもてなしEnglish 2.0 トンカツを紹介する

2020年の東京オリンピックに向けて観光客の皆さんがどんどん日本にいらっしゃっています。ハッと気がつくともうあちらにもこちらにも、いろんな国の方の姿がありますね。
あの人たちに日本のいいところ教えてあげられたら! このブログを読んでくださっているあなたなら、きっとそんな願いを持っているはず。そんなあなたのために、アブソリューションブログの新コーナー、”おもてなしEnglish 2.0″をスタートいたします。

記念すべき第一回目は、トンカツを紹介するです。
和食、日本食、大人気です。そしてSushi、Tempuraに並んで人気なのはTonkatsu! カリッと揚げたて、ジューシーな魅力たっぷりのトンカツについて、できるだけシンプルに紹介していきますよ。
1499699415
ビジネスなどで出会ったお客さまに “What do you recommend for lunch? What do you suggest for dinner?” (ランチは何がおすすめ? 夕飯には何がおすすめ?)
と聞かれる時があると思います。そんな時は、
How about Tonkatsu? (トンカツはどうですか)
と、おすすめしてみましょう。How about~?は何かを提案する際の定番フレーズです。ぜひ覚えておいてください。

お客さまが”What’s Tonkatsu? “(トンカツって?)と聞いてきたら、シンプルにこう答えます。
“It’s pork cutlet!”(豚のカツレツです)
トンカツのカツは、な、なんと英語のcutletの発音、カッレッからきてるそう!
これならすぐ覚えられますね。Pork Cutlet。

次にどんな食べ物なのかわかるように、シンンプルな文で調理法を説明してあげましょう。
1. Dredge the pork in the flour. (豚肉に小麦粉をつけます)
2. Dip the pork in beaten eggs (卵をつけます)
3. Coat the pork with the bread crumbs (パン粉をつけます)
4. Deep-fry the pork. (きつね色になるまで油で揚げます)
5. Serve the pork with the shredded cabbages. (千切りしたキャベツといっしょに盛り付けましょう)

“Oh, sounds good! “(へえ、いいかも!)とリアクションをもらったら、お客さまと一緒にトンカツ屋さんにGO!

ちなみに、トンカツ屋さんといえば三つの王道メニュー。訳して見るとこんな感じです。
 Pork loin set meal ロースかつ定食
 Pork fillet set meal ヒレかつ定食
 Pork cutlet rice bowl  かつ丼
注文する際には、こんな情報も付け加えられるといいですね。
“Set meal is usually served with a bowl of rice, miso soup and pickles. “ (定食にはたいてい、ご飯、味噌汁、お漬物がついてきます)
“At many Tonkatsu restaurants you can have a second or more round of rice and miso soup andrefill the shredded cabbages for free! “(豚カツ屋さんでは ご飯、キャベツ、または味噌汁のおかわり, キャベツの追加が無料でできます)
これで注文もOK。あとは日本の味を存分に味わっていただきましょう。

最後に
“It’s very good. I like it.”(とても美味しかったです。気に入りました)と褒められたら、
“I’m glad you like it. Let’s come again! ” (よかった~。また来ましょう!)
と締めくくります。

いかがでしたか? これで今日のランチはトンカツで決まり! ですね。
日本の良さを、バッチリ伝えてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

ここに来て、英語力さらにアップ! その秘密と原動力

ライターのSです。毎週、単語を覚える宿題の他に文法の問題があります。
文法は苦手だった私ですが、今回は今までで1番いい点数でした♪ やった! すごいぞ自分!けれど実はこの点数アップには、アブソのちょっとした秘密があるのです。
1499390646問題は4つの答えの中からひとつを選ぶ形式なのですが、どうしてその答えを選んだかという考えをパートナーと話し合いながら、答え合わせをします。なので「これでいっか。。」という回答が出来なくなる! 自分なりに調べたり説明が出来るように納得した答えを出さなくてはいけません。
おかげでもし私が間違っていたとしても、「ああ、あの時こう考えていたことが、違う意味だったんだ!」とポイントが明確になります。これ、ぐっと理解度が深まるのです。

今回の授業のテーマは「上司の交渉をサポートする発言」でした。
世界の中でも大人しい人たちと言われる日本人。
ビジネスでの会話の中でも黙ってうなずいて納得したことを表したりしていますが、英語の場合はやはり”That’s right.”など何かと言葉を発するのがポイント。”I agree with him.”と、はっきりした意思表示をするのも有効だそうです。
今回のレッスンでは、同意した後に一言自分の意見を加える練習をしました。
ビジネスの交渉で、うやむやにしておいたら、いつのまにか不利な状況になっていた・・・のは結構あることです。こういったノウハウを学んでおいて、明日からの仕事にビシッと使いたいと思います。

3ヶ月という短期英語学習の期間で、どうモチベーションを保っていくか? という問題。前にも書きましたが、なかなか一人では難しいときもあります。
そんな時のちょっとした後押しとして、アブソリューションでは、なんと先生と生徒がほぼ毎日英語で会話を出来るような場を作ってくれているのです。
“what is your favorite day of the week and why?”などの日常的な質問を先生が投げかけると、みんながそれに対して英語で答えます。みんなすごい! と思うと、自分も頑張って答えようという気持ちがムクムクと……。
実際に英語を使う機会がなくても、ちょっとした会話をする練習になるのです。

授業に行かない日でも、宿題、学習プラン、先生からのミニ会話で、モチベーションは常にキープ。これほどガッチリとサポート体制が組まれていれば、ふにゃ〜っとやる気を失う暇もありません。このまま後半戦も突っ走ります!

ところで、お問い合わせが多いということだったので、こちらでも告知しまーす。
次期講座スタートの九月に向けて、無料の個別相談会が行われています。
ビギナーにマイルドな、けれど本格的英語塾、アブソリューション。
先生がとってもやさしいのもポイントです。見に行ってみて。
無料個別相談会 実施中。秋の予定は早めに!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

おさらい英文法 vol.10 「未来形」その違いに気をつけて part2

未来形といえば、willかbe going toが頭に浮かびます。先週の記事でもご紹介しましたし、学校でも、そう習いましたよね。ところが私が留学したイギリスでは、未来として、進行形(be –ing)や現在形が、すっごくよく使われているのです。受験英語に慣れていた私は大混乱。どうなってるの!? 未来形!? 
1499213441
進行形といえば「今○○している」、現在形は「今○○する」。どちらも現在真っ只中です。ところが、どちらにも未来表現も存在しているのです。そういわれれば「その他の用法」として、受験勉強でやったような…。
大したことないような感じで習ったけれど、それこそが、実際の英会話では使われている。これももよくある話です。

今回は、そんな進行形と現在形が、どのように未来表現として使われるのかをご紹介します(willとbe going toの違いについては前回記事をご参照下さい)。

●進行形(be-ing)
近い未来の話で、確定的な出来事。例えば「もう手配や約束を済ませていること」や、「相手と既に約束していること」については、進行形でさらりと言ってみましょう。
・I’m leaving tonight.「今夜出発します」(チケット等を手配済)
・I’m meeting her next week.「来週彼女と会います」(彼女と約束済)

未来を表現するのにイチオシは、この進行形です。口語的な表現で、本当に頻繁に使われます。‘be going to’よりも短くて言いやすいですし、何といっても自然な英語に聞こえます。「おさらい英文法」愛読者のあなたに、たくさん使って欲しいです。

*be going toとの違い
置き換え可能ですが、少しニュアンスの違いがあります。
例えば’I’m leaving tonight’「私は出発します」は単に事実を述べているのに対し、’I’m going to leave tonight’は出発する意思に焦点を当てています。「私は出発するつもりです」という感じです。

●現在形
時間割など、確定した計画に従った行動を表します。なので、主語が(人ではなく)物や事になる場合が多く、進行形よりも更に確定的な未来を表します。
この特徴からも分かるように、他の用法(will, be going to、進行形)に比べると、限定的な使われ方です。
・My plane leaves at 7 am.「私の飛行機は午前7時に出発します」
・The next meeting starts at 1pm.「会議は午後1時に始まります」

***
最後にクイズです。
(1) The exam (starts/is starting) at 9am.「試験は午前9時開始です」
(2) I (have/am having) lunch with her tomorrow.「明日彼女とランチします」

今日の「おさらい英文法」はいつも以上にお得でした! 未来形はwillとbe going toだけではない。進行形はよく口語で使われるし、現在形までも使われる事がある。これを使いこなすことによって、みなさんの英語は、ネイティブにまた一歩近づきます。今度の英会話で、ぜひ使ってみて!

—————————————–
クイズの正解は(1)starts、(2)am havingです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー おさらい英文法, コラム