「髪、切ったの?」英語で聞くときに陥りやすい罠とは?


ライターSです。グループレッスンも折り返し地点を迎えました。
週1回の授業と宿題の勉強などで、毎日英語にふれる習慣がつきました。
通い始めたときより確実に、英語力がアップしていると感じます。
この勢いで後半戦も頑張りたいと思います!

髪の毛をばっさり切った私に、早速ゆう先生が「Did you have hair cut?」と質問してきました。私だったらきっと「Did you cut your hair ?」と聞くと思います。これではだめなのかなと思って確認すると、なんと自分で切ったというニュアンスになってしまうんだそうです。あぶなかった〜。
授業で、こういうちょっとした会話の勘違いを教えてくれるおかげで、ネイティブの人にちゃんと伝わる英語と、言いたい事は分かるけどちょっとずれた英語の違いが、だんだんと分かってきた気がします。

今回のテーマは【プロセスを説明する】でした。
例えば引っ越し業者だとして、見積もりを依頼された時のプロセスを考えます。
1 荷物の量
2 どこからどこまで引っ越すのか
3 日程はいつか
これを説明するのに、「First,〜. Second,〜. Finally」を使います。
情報を整理して、順番に説明していくとスムーズに繋げられるとのこと。なるほど!

この話を応用して、授業では外国人に日本料理の作り方を説明するというシチュエーションを設定し、自分で一つ料理を決めて、作り方の説明を考えました。
最初は簡単に思ったのですが、意外と「卵をとくってなんて言うんだっけ?」とか「出汁や材料って英語でいうと?」など分からない事が出てきます。あれー?となりながらも、興味があるからか、調べるのにもワクワクします。 学びにも、楽しめる要素があるっていいですね。今度の休みには英語の料理本を買って、料理に挑戦しちゃおうかな。
アブソリューションで教えてくれるのは、楽しい勉強法がメイン。
映画を字幕なしで見る勉強法は良く知られていて、実は私も実践していましたが、その中でもDisney映画がおすすめらしいです。

今回は【プロセスの説明の仕方】と【楽しみながら学べる勉強法】を習得しました。いろいろさっそく試してみよう♪