Absolution流オリエンテーションの秘密


ライターKです。先日アブソリューションにて行われたオリエンテーションに参加させていただきました。みんなでワイワイ話し合った、あっという間の二時間。その模様を、伊藤ゆう先生とのインタビュー形式でレポートいたします。

まず想像したより濃い内容に驚きました。単なるコースの説明だけではなく、もっとパーソナルな、自分の未来を考えさせられるような……。

 

みなさん、最初に驚かれるところです。
通常の英語学校は、主に生徒さんの「英語のレベル」に着目していますが、私たちは、「その人がなぜ英語をやるのか」に焦点をあてています。理由は人それぞれです。英語学習の履歴も、これからの人生をどう生きたいかも、個人によって様々に違います。そこをきちんと意識に浮かび上がらせることによって、自分だけの英語を学ぶ理由を明らかにしてもらいます。


なるほど。途中のグループワークでは、「これまでの英語体験をグループでプレゼンし合う」とか、「英語が自分にどんな利益をもたらすか」などをディスカッションしたりしましたが、これがすっごく面白かったです。これまでは、これから英語やってみたいけど、どうしたらいいのかな……、と自分一人で悩んでいたのですが、何か道が見えてきた気がしました。

グループワークや書き出しは、「あなたの人生の中で、英語でXXできる自分を、どのように開花させるか」をイメージしてもらうためのものです。自分の考えをまとめ、人の意見を聞く、という作業を通して、お仕着せではない、オリジナルの英語目標を作ることが可能になります。これがあると強いモチベーションをキープできる方が多いようですね。

 

確かに、オリエンテーション受けただけなのに、英語を学ぶぞという気持ちが高まった気がします(笑)
あと、ナチュラル・スピードでの会話聞き取りトレーニングにも驚きました。最初は「あ、ダメだ。全然聞き取れない」状態だったのに、先生の指示に従っているうちに、「あ! こういうこと言ってるんだ」とわかっていった。自分イケるかも、と思ってしまいました。(笑)

ありがとうございます。メソッドに従った学習方法だと、やはり断然効率がよくなります。こういった英語での成功体験、「やった!」という感覚は、ご自分のお仕事にもいい影響を与えることが多いです。どの方にもぜひ実感して欲しいものです。
あとは自分のタイプを分析し、無理のない学習計画を立てていくことで、確実にステップアップしていきましょう。

 

最後に、アブソリューション英語塾に興味をお持ちのみなさんに一言お願いします。

 

グローバル化や社会構造の変化など、日本のビジネスは、英語の習得を抜きにして語れない状況になってきています。少しでも変わりたいあなた、どうぞためらわずに、アブソリューションの扉を叩いてください。そして違う自分に出会うチャンスを、つかんでください。

 

ありがとうございました!