英語を続けるリズムと、反論のためのテクニック

ライターのSです。アブソリューションのレッスンも、三回目となりました。
仕事をしながら通っていると、1週間はあっという間にやってきて、そろそろ溜まりがちな宿題が気になってきます。うっかり忘れてしまう時もあるし、なかなか英語学習のモチベーションがあがらない日もあります。でも、グループレッスンなので、やっておかないとまわりの生徒さんにも迷惑をかけてしまうし…….。
そんな時、【英語学習のモチベーションをキープし、空いた時間で宿題をこなす】シンプルな方法を、先生からそっと教えてもらっちゃいました。
1496315382
そのやり方とは、毎日の習慣、例えば、歯磨きや入浴の前後に、学習の時間を組み込むこと。ルーティンの中に組み込むことで、学習のリズムを作ることができ、「やらなくちゃ」と意識をすることなく続けられるのだそうです。私は早速、お風呂に入る前30分を英語の時間にあてることにしました。

IMG_1570のコピーまた、宿題をサポートする「単語帳メーカー」というおすすめのアプリのことも教えてもらいました。このアプリに単語を入力することで覚える練習になりますし、覚えたかどうかを通勤中にも確認できます。これで勉強を始めた他の生徒さんは、1週間でなんと単語テストが満点に! いいなあ。私もさっそくダウンロードしました。

迷った時や停滞している時も、先生に相談したり仲間のがんばりに刺激を受けたりすることで、切り抜けることができそうです。これから毎日学習時間をコツコツと積み重ねてみます。どれだけ点数がアップするか、楽しみです。

今回の授業のテーマは【やわらかく反論する】でした。
外国人は直接的な意見や答えを求めるという印象を持っていたのですが、先生の解説によると、どうやらそうでもないようです。反論するにも相手への配慮が必要。そしてその配慮もまた、日本人の感覚とは違ったものなのでした。
例えば相手から突然質問されたけれど、すぐに答えが見つからない場合、人は自然に時間を稼ぐ行動をとります。日本人は「え〜っと」や「ん〜」と言ったり無言で間を持たせますが、英語の場合は「Let me see…」や「Well,」と何かしら言葉を発しています。ここで、沈黙ではなくためらいを示す言葉を使って、後で反論がくることをほのめかすのだそう。そうだったのか!
こういったちょっとした違いなんだけれどコミュニケーションをとる上で大切なポイントこそが、私の1番学びたい部分です。仕事で同じようなシュチュエーションに出会ったら、さっそく使ってみたいです。

今回のレッスンで達成したことは、「英語学習のリズムを作ることと、反論するときのやわらかい言い方を学んだ」でした。
なんとなく、グッと英語が伸びてきたような気がします。

これまでの飛び込みレポート。アブソリューションの様子がわかります↓
飛び込みレポート第1弾 アブソ流オリエンテーションの秘密
飛び込みレポート第2弾 仲間と学んでモチベーションアップ!
飛び込みレポート第3弾 自分の伸びがわかる、リスニングマジック

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

おさらい英文法 vol.5 意外に迷う「時」の話し方

ビジネスでは欠かせない、時間の確認。数字さえ言えれば簡単そうですが、そこには意外な落とし穴があります。
例えば、10:10のことは、英語でなんていうでしょうか。13時のことは、どういいますか?1496152502

私がイギリス行った時、最初に困ったのが、時間の表現です。書いてあるとわりと楽なのですが、口頭でのやりとりは結構難しい。’at noon’と聞いて「’afternoon’は知ってるけど、’noon’って何だっけ?」と思ったり、自分が時間を伝えたい時にも「13時って’thirteen o’clock’だっけ?」や、「10:10って’ten ten’でいいの?」など、簡単だと思っていたけど、いざとなると迷ってしまう事が多かったのです。
今回のおさらい英文法は、意外に注意ポイントが多い、時間の読み方、話し方を解説します。

●時計の読み方
<時間を表現する>
英語は基本的には12時間読みです。「13時~24時」は、時刻表等の表記や、特殊な職種内(軍隊等)で使われます。また、国際的な企業では、24時間制を使用している国も多いため、特に表記でなどで増えてきているようです。
日常会話で午前か午後の区別をする場合は、1-12a.m./1-12p.m.。または時間+in the morning/in the afternoon/in the eveningで表します。
例えば、「朝の7時」は、’at 7 in the morning’。「12時ちょうど」は、’at noon’(’afternoon’「午後」は、その読み通り、after noon「正午の後」なんですね)。「真夜中の12時」は、’at midnight’。この言い方も、よく出てくるので覚えておきましょう。
<分を表現する>
アメリカでは、「10:15」は’ten fifteen’、「10:30」は’ten thirty’と言う事が多い様です。
一方イギリスでは、「15分&45分」を’quarter’(1/4)、「30分」を’half’(半分)として、30分よりは’past’(米語ではafter)、後は’to’(米語ではbefore)を使って時間を表します。
10:15は’quarter past/after 10’、10:30は’half past/after 10’、10:45は’quarter to/before 11’と、なります。また、01分~09分の時は、ゼロを’oh’と読む事も多いです。
最初に質問した「10:05」は ’ten five’でも良いのですが、’ten (oh) five’、または、’five past/after five’というとより自然に聞こえます。

●時と一緒に用いる表現
時間を言う時に使う表現も、軽くおさらいしておきましょう。「ちょうどこの時間」と言いたい時には’at’を使いますが、そのほかにはどのような言い方があるのでしょうか。
・about/around「〜時頃
Please visit us about/around 3 p.m.「午後3時頃、来て下さい」
・before/after「〜時前・後」
I’ll be available anytime before/after 12.「12時前/後なら、いつでも都合がつきます」
・from A to B「A時からB時まで」
Our next meeting will be tomorrow from 9 a.m. to 11 a.m.「次回の会議は、明日午前9時から11時までです」
・by「〜時までに」
I have to hand in my report by 5.「報告書を5時までに、提出しなければならない」
・until「〜時まで」
I worked overtime until 10 last night.「昨夜10時まで、残業をした」

仕事でも、アポイントや締切の確認など、時間のやりとりはとても大切です。時間の読み方と伝え方を、きっちりおさえておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー おさらい英文法

自分の伸びがわかる、リスニングマジック!

ライターSです。
第2回目のレッスン受けてきました。前回と同じメンバーなので、少し心にも余裕が出てきたような気がします。
1495630251今回は新たにリスニングにトライしました。話している内容はだいたいわかるのですが、微妙な発音の部分は聞き取りがやっぱり難しい。

教室は笑顔が絶えません
教室は笑顔が絶えません

配られたシートに聞き取れた単語を埋めていきます。結構自信があったのですが、結果外したところもポツポツありました(涙) 「聞こえてるはず」だったのになあ。
答え合わせをした後、ペアの方とロールプレイングで読みあげます。感情を込めてできるだけ聞こえてきた音に似せます。そしてもう一度会話を聞いてみると……。さっきまで聞こえてなかった音が、聞こえてきたのです! たったの10分でこんなに聞き取れるようになるなんてびっくりです。自分の伸びがはっきりわかると、リスニングが楽しくなってきました。

授業内容は「説明を求め、理由を述べよう」でした。なんだか難しそうに思ったのですが、実はすぐに使えそうなフレーズでした! 毎回こんなふうにフレーズが増えていけば、かなりの場面ですらっと話せそう。

IMG_8135これは!と思ったポイントは、相手の提案に納得出来ない場合、不用意に「わかった」と言わない、ということ。
‘I understand,but….’ と否定形の文章が続いたとしても、’I understand’と言ったばかりに、相手に提案を理解したと誤解させてしまいがちなのだそうです。こんなふうに、実際遭遇しそうなシチュエーションに基づいて、英語の考え方を説明してくれるのも、このレッスンの良いところだと思います。ビジネスでは勘違いで話が進んでいってしまうのが一番こわいので、あらためて、心に刻み込みました。
さらに、日本語を訳してそのまま話してしまう日本人によくある間違いも、授業の中で解説してくれました。ついやってしまうかもしれないので、気をつけなくちゃ。

今回のレッスンで達成したことは、「リスニングのレベルを上げて、現場ですぐ使えるフレーズと考え方を学んだ」でした。
英語を楽しくがんばれる自分がいるのも、新しい発見でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー 飛び込みレポート

おさらい英文法 vol.4 その英語、こどもっぽいかも!?

私がイギリス留学中のことです。Anita先生を探しに職員室へ行き、職員の方に ’Where is Anita?’ と尋ねたところ、「その聞き方は、失礼ですよ」と返されてしまいました。
1495502889なんでも、Where is XX? などの直接疑問文は、小さなこどもが親や友だちに話してるように聞こえるのだとか。日本語だと「XXちゃんはどこ?」という感じでしょうか。
大人が聞くときは、’Do you know where Anita is?’(「どこにいるかご存知ですか?」)と聞けばOK、と教えてもらいました。
それまでは、英語には敬語がないというイメージだったのですが、英語では間接的な表現が丁寧な響きになるのですね。今回のおさらい英文法では、目上の方や初対面の相手に質問したい時にかなり便利な、間接疑問文を解説していきます。

●間接疑問文の作り方
①疑問詞(what/how等)+動詞+主語?の場合
Do you know 疑問詞+主語+動詞?
例えば、こんなふうに言い換えてみましょう。
・Who is she? ⇨ Do you know who she is? / 彼女は誰なのか、ご存知ですか?
・Why isn’t he here yet? ⇨ Do you know why he isn’t here yet?/ なぜ彼がまだここにいないのか、ご存知ですか?
・Whose idea is this? ⇨ Do you know whose idea this is? / これは誰の案か、ご存知ですか?

②yes/no疑問文(Is/Does等)+動詞+主語?の場合
Do you know if(whether) +主語+動詞?
例えば、こんなふうに言い換えてみましょう。
・Is he all right? ⇨ Do you know if he is all right? / 彼は大丈夫か、ご存知ですか?
・Can we leave early today? ⇨ Do you know if we can leave early today? / 今日早く帰れるか、ご存知ですか?
・Was he late for the meeting? ⇨ Do you know if he was late for the meeting? / 彼がその会議に遅刻したか、ご存知ですか?

***
普通の疑問文を丁寧な尋ね方に変え、あなたの英語をぐっと大人にしてくれる間接疑問文。ここでおさえておいて、ビジネスシーンでぜひ活用してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

仲間と一緒に学んで、モチベーションアップ!

ライターSが、アブソリューションの実際の授業に飛び込みました!
英語塾って、一体どんなことをやっているの?という疑問を解消すべく、体当たりでレポートします。

1495072895

Sです。いつもは「リアル英語生活」のコーナーの担当で、海外で起業した時にぶつかるあれやこれやをコラムにしています。気合いでビジネス英語を乗り切ってきた私ですが、実はトラブルになるたびに、もしかしたらこれ、きちんと英語に向き合ったら、もっとスムーズにいくんじゃないかなあと思うように。
そこで今回から三ヶ月間、アブソの授業に参加して、自分の英語に磨きをかけることにしました。目標は「三ヶ月で、聞き取り力アップ。世界標準の英会話力を身につける」達成できるかな? 応援よろしくお願いします!

unnamed-1第一回目の授業は「ビジネスで依頼をする」がテーマ。6人のグループで行われました。授業は基本すべて英語でしたが、分からない事があって英語で質問するのは難しい場合、日本語で先生に聞いたりできました。モヤモヤと分からないことを抱えたまま授業が終わってしまうということもなく、快適です。

最初は知らない人と大丈夫かな〜と緊張しましたが、授業が進むにつれて気持ちがほぐれていきました。みなさんはそれぞれ何かしらの目標を持って英語を話せるようになりたいと思っている人たち、いわば「仲間」です。仲間と学ぶって、いつ以来だろう。独学やオンラインのマンツーマン授業であった「自分でやらなきゃ」感が抜けて、楽しいです。モチベーションがグッと上がったような気がします。

unnamed終わってから、先生から37個のフレーズを暗記する宿題が出ました。こうやって塾に来るとやる気がでるのですが、家で毎日どう英語を続けるかは、私の悩みどころです。とりあえず、みんなに置いていかれないようにがんばらなくては。

今日のレッスンで達成したことは、「英語の仲間を作って、モチベーションをアップさせた」でした。

来週の授業も今から楽しみ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

おさらい英文法 vol.3 てきとうに言いたいあなたのためのSome

まず最初におさらいのおさらい。英語は数に厳しい言語です。
「コーヒー飲んだ」のなら、一杯か、それ以上か。「本を買った」ら一冊なのか、複数なのか。なんでそんなに細かく設定したがるの? とききたくなるほど、数によって言葉を変えなくてはなりません。
ええ? そんなの数まではっきり覚えてないよ。てきとうでいいじゃん?
本日のおさらい英文法は、そんなあなたにオススメの単語をご紹介します。その名もsome。 そう、「いくらかの」の意味でおなじみの、あの単語です。

1494915570
そもそも、日本語の日常会話で「いくらかの」と言うことはあまりないですし、それって一体どのくらいなの? と突っ込みたくなるほど曖昧。簡単だけど使いどころが分からない言葉として、脳の片隅に御蔵入りさせても、無理はありません。
けれど、数をはっきりさせるのがフツーの英語の世界では、活躍の幅はぐっと広がります。

●someは、a/anの代わり
例えば「本を1冊買った」は、’I bought a book.’と、aを入れますよね。
皆さんも自然に、単数の可算名詞(この場合はbook)には、a(母音始まりの名詞にはan)という定冠詞をつけていると思います。
では、「本を数冊(2冊以上)買った」場合は、どう言えばいいのでしょうか? 2冊と明言したい場合は’two books’。けれど、なんだかてきとうに言いたいとき、一冊ではないけど何冊かは忘れてしまったときは、someの登場です。’I bought some books.’。
someは、複数形の可算名詞と不可算名詞の冠詞とも言われています。
なので、a/anでないときは、とりあえずsomeという気軽な感覚でよく使われるのです。
不可算名詞も同様、例えば「水を買った」場合、日本語的に直訳すると‘I bought books/water’になりますが、実はsomeあった方が自然です。2本と特定するならば’two bottles of water’ですが、そうでなければ’I bought some water’。入れるといい感じに落ち着きます。

●someは、疑問文でも使える
someは通常、疑問・否定文ではanyになります(I have a pen. →Do you have a pen?/I don’t have a pen.)。
ですが例外として、相手のyesという答えを予想する場合、疑問文でsomeを使います。
・(本屋から出てきた友人に)’Did you buy some books?’「本を買ったのですか?」
また、someだと相手のyesを予想するニュアンスを出せるため、飲食物を勧めるときに丁寧に聞こえます。
例えば、外国人の方が会社訪問にいらして、
’Would you like any―?’
とすると、「いるかいらないか、どっちですか?」というような、聞き方によっては「いります」とはちょっと答えにくい雰囲気になってしまいます。
そこで、anyの代わりにsomeにすると、
・’Would you like some tea/cake?’「お茶/ケーキは、いかがですか?」
・Would you like some milk in your coffee?「コーヒーにミルクはいりますか」
となり、頼んでも大丈夫な感じを漂わせることができます。

***
数に厳しい英語の世界をふんわりと漂う便利なsome。ぜひ明日からの日常会話に取り入れてみて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー おさらい英文法

採用情報

アブソリューションに興味を持って下さり、ありがとうございます。
詳しい採用情報は、お問合せください。
問い合わせ先:saiyo@abso.jp

【勤務形態】
契約講師

【仕事内容】
英会話指導
教材作成

<スクールの雰囲気・特徴>
・新宿駅にほど近い、アットホームな雰囲気のスクールです。
・レッスンは、すべて担任制・少人数制グループレッスンです。
・教務のポリシーは、英語の基礎力である語彙力と文法力を丁寧に教えることです。
・教えるための研修期間があるので、安心して勤務スタートしていただけます。
・週1コマのレッスンスケジュールから勤務できる形態です。

【勤務時間】
教務→1週間に2~3コマ程度(1レッスン90分または2時間)
クラス時間:平日17時半~21時半 / 週末:10時~12時または14時~16時

【勤務期間】
クラス開始時期が決まっています。それに合わせて、
勤務スタートする形になります。
※採用になってから研修期間があります。

【応募資格】
<必須要件>
・TOEIC800点以上または同等の英語力がある方

<優遇条件>
・教務経験のある方
・社会人経験のある方
・長期間勤務できる方

<求める適性・歓迎要件>
・ポジティブに物事をとらえチャレンジ精神のある方
・生徒の良さや強みを引き出すコミュニケーション力のある方

<応募方法>
saiyo@abso.jp宛てに、
履歴書(写真添付)と職務経歴書をお送りください。
メールの件名は「講師ポジション応募」としてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム

日本と違う? 英文メールでほんとに使えるフレーズ

実際に会話をしなくても、ビジネスで英文メールをやりとりする機会がある方は多いと思います。
日本でビジネスのメールをするときは【お世話になっております】や【よろしくお願いします】等、ある程度決まりきった表現がありますが、英文では特にそういう決まったフレーズはありません。
慣れないうちは書き出しや締めくくりの言葉で悩んでしまうことはありませんか?
今回は、英文ビジネスメールで、私が実際使っている書き出し&締めくくりの言葉をご紹介していきます。
1494398368

 ◆Thank you for your reply.
メールの書き出しに使えるフレーズで「ご返信ありがとうございます」の意味です。
他にも「Thank you for your inquiry」(お問い合わせありがとうございます)などお礼を交えた書き出しは良く使います。

◆Please let me know if you have any questions.
すでに書いた内容に対して「何か質問があれば連絡ください」と言うときに使うフレーズ。
これを一言付け加えることによって、相手を思いやった雰囲気になります。

◆I’m looking forward to hearing from you.
これは「お返事お待ちしております」の意味でメールの最後に使える便利なフレーズです。
「I’m looking forward to doing business with you」等、I’m looking foward to~の表現は応用して最後の締めくくりに使えます。

◆Best regards,(Kind regards,)
「敬具」「よろしくお願いします」のような結びの言葉です。
結びの表現は色々ありますが、面識のある人に対してビジネスでも友人同士でも使える便利なフレーズです。
インドネシアではこの言葉が良く使われています。
相手に何か依頼をする場合のメールにはThanksやThank youで終わらせることも多いです。

ビジネスメールは丁寧さももちろん必要ですがまわりくどく書くのはNG。
相手が忙しい中でもさっと読んですぐに分かるようなそして思いやりのある文章を心がけたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラムタグ ,

おさらい英文法vol.2 さらりと答えるテクニック

ちょっと世間話をしたい時、週明けによく出てくるトピックといえば、「How was your weekend? /週末何してた?」という質問ですね。あれ? なにしてたっけ? どう言えばいいのかな? と慌てずに、事前に準備しておきましょう。
英語では何をしたかによって動詞を使い分けています。今日のおさらい英文法で違いを押さえれば、さらりと答えられますよ。
1494294881

■アウトドアで楽しんだ場合
●特定の場所で出来るレジャ-に行ったとしたら…’go-ing’「~しに行く」
・went camping「キャンプしに行った」
・went hiking「ハイキングしに行った」
・went shopping「買い物しに行った」
・went sightseeing「観光しに行った」

ちなみに「果物狩り」は’go fruit picking’。
日本語だと「狩り」ですが、’hunting’は「狩猟」。フルーツは、可愛らしく’picking’「摘む」というイメージなのです。
一方、「宝探し」は’treasure hunt’。感覚の違いが面白いですね。

●個人プレイのスポーツ(主に武道)をやったとしたら…’do’
・did Yoga「ヨガをした」
・did Karate「空手をする」

●チームプレイのスポーツ(主に球技)をやったとしたら…’play’
・played baseball「野球をした」
・played catch「キャッチボールをした」
・played soccer「サッカーをした」*イギリス英語は’play football’
・played tennis「テニスをした」

■インドアで楽しんだ場合
●家の仕事をまとめてやったとしたら….’do-‘

・did the cleaning「掃除をした」
・did the garden「庭仕事をした」
・did the laundry「洗濯をした」

●机に向かって趣味を極めたとしたら、…’do-’
・did calligraphy「書道をした」
・did a crossword/jigsaw puzzle「クロスワード/ジグソーパズルをした」

●みんなでワイワイゲームをしたとしたら…’play’
・played a board game 「ボードゲームをした」
・played darts「ダーツをした」
・played a computer/video game「パソコン/テレビゲームをした」
・played cards「トランプをした」
英語でトランプ(’Trump’)は、皆さんご存知のトランプ大統領、または「切り札」(他のカードに勝てそうな札)のことになるので、注意しましょう。

●楽器を楽しんだとしたら…’play the – ’
・played the bass(発音は/beis/)「ベースを演奏した」
・played the drums(スペルはdramsではなくdrums)「ドラムを演奏した」
・played the electronic organ「エレクトーンを演奏した」
・played the guitar(スペルはguiterではなくguitar)「ギターを演奏した」

***
もしも特別何にもしなかった時は、なんて言ったらいいのでしょう。’Nothing.’だと、相手が返事に困ってしまいます。
そんな時は‘I was just relaxing at home.’「家でリラックスしてました」や、‘I did nothing special.’「特別なことはしません」でOKです。

英語塾Absolutionでは、文法と英会話を結びつける基礎からのコースが充実しています。無料診断で、自分の英語力をチェックしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?

アブソ流オリエンテーションの秘密にせまる

ライターKです。4月28日(土)に、アブソリューションにて行われたオリエンテーションに参加させていただきました。みんなでワイワイ話し合った、あっという間の二時間。その模様を、伊藤ゆう先生とのインタビュー形式でレポートいたします。

1493994314

まず想像したより濃い内容に驚きました。単なるコースの説明だけではなく、もっとパーソナルな、自分の未来を考えさせられるような……。
みなさん、最初に驚かれるところです。
通常の英語学校は、主に生徒さんの「英語のレベル」に着目していますが、私たちは、「その人がなぜ英語をやるのか」に焦点をあてています。理由は人それぞれです。英語学習の履歴も、これからの人生をどう生きたいかも、個人によって様々に違います。そこをきちんと意識に浮かび上がらせることによって、自分だけの英語を学ぶ理由を明らかにしてもらいます。

なるほど。途中のグループワークでは、「これまでの英語体験をグループでプレゼンし合う」とか、「英語が自分にどんな利益をもたらすか」などをディスカッションしたりしましたが、これがすっごく面白かったです。これまでは、これから英語やってみたいけど、どうしたらいいのかな……、と自分一人で悩んでいたのですが、何か道が見えてきた気がしました。
グループワークや書き出しは、「あなたの人生の中で、英語でXXできる自分を、どのように開花させるか」をイメージしてもらうためのものです。自分の考えをまとめ、人の意見を聞く、という作業を通して、お仕着せではない、オリジナルの英語目標を作ることが可能になります。これがあると強いモチベーションをキープできる方が多いようですね。

確かに、オリエンテーション受けただけなのに、英語を学ぶぞという気持ちが高まった気がします(笑)
あと、ナチュラル・スピードでの会話聞き取りトレーニングにも驚きました。最初は「あ、ダメだ。全然聞き取れない」状態だったのに、先生の指示に従っているうちに、「あ! こういうこと言ってるんだ」とわかっていった。自分イケるかも、と思ってしまいました。(笑)

ありがとうございます。メソッドに従った学習方法だと、やはり断然効率がよくなります。こういった英語での成功体験、「やった!」という感覚は、ご自分のお仕事にもいい影響を与えることが多いです。どの方にもぜひ実感して欲しいものです。
あとは自分のタイプを分析し、無理のない学習計画を立てていくことで、確実にステップアップしていきましょう。

最後に、アブソリューション英語塾に興味をお持ちのみなさんに一言お願いします。
グローバル化や社会構造の変化など、日本のビジネスは、英語の習得を抜きにして語れない状況になってきています。少しでも変わりたいあなた、どうぞためらわずに、アブソリューションの扉を叩いてください。そして違う自分に出会うチャンスを、つかんでください。

ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?