TOEICの点数だけではビジネスでは通じない、って本当?

15625660_372647559750298_3467830624273323892_o

日本人の大好きなTOEIC。
もちろん否定するわけじゃありません。
問題もよくできていますし、定量的な観点で見れば
これ以上に英語力を見える化できるツールはありません。

しかし、その一方で
ビジネスの場ですぐに応用できるか?
と問われれば、それは疑問です。
むしろ邪魔になるケースも中にはあります。

その最たる例が、綺麗な英語を話そうとしてしまう事。
そして結局モゴモゴしてしまう…。

実は、英会話では綺麗な文法はさほど重要ではありません。
むしろ「伝える熱意」や「訴えかける心」の方が重要。

日本と違って欧米諸国では、
人種・文化の異なる人たちがコミュニティーに大勢いるのが普通です。
そのため「しっかり相手の言おうとしてることを聞く」という習慣があります。
文法を間違えたまま話を進めるなんて出来事は結構よく見かけますよ。

日本では、あまり慣れない習慣ですよね。
日本語の文法を知っていて普通だと考えてしまいます。
だからこそ「綺麗に話そう」としてしまうわけですね。
まして文法や単語の知識が豊富だとなおさらです。

つまりTOEICも大切だけど、
しっかりと伝えようとすることが重要ということです。
そのアクションができると、相手は自然と耳を傾けてくれます。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム

15400326_369954896686231_8496076449302674549_n

英会話スクールの広告。
今は、いろんな所で見かけますよね?

そこでよく見るキャッチコピーに
「マンツーマン」というものがあります。
1対1で英語を教えるよ、というものです。

確かに1対1で学べるのはメリットです。
自分の英語力に合わせたカリキュラムで学べるわけですから。

でも、その一方で「まわりと比較できない」という問題もあります。

長年通っているけど、一向に上手くなってる実感がわかない…
レッスン中は気兼ねなく話せるけど、ビジネスの場では積極的になれない…
そんな声もチラホラ耳にします。

その理由のひとつが「場慣れ」です。
英会話とは、英語をしっかり理解することではなく、
最終的にコミュニケーションが取れるようになることが重要です。
そして、それには「まわりと比較しあう」というステップが
とても大切になってくるのだとアブソでは考えています。

まわりの人が使っている単語、文脈、説明の仕方、イントネーション…。
そのすべてが学びになるんです。

教えてくれるのは講師だけではなく、一緒に学ぶメンバー達。
そんな想いも込めてのグループ制なんです。

あと、宿題やり忘れた時の罪悪感UPのために
あえて厳しいグループ制にしてるという意味もありますね。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム

外国人講師と日本人講師のちがいとは?

15268084_366631117018609_975960711600092530_n

アブソでは、英語準備コース・初級コースで日本人講師。
そして、中級・上級コースで外国人講師が講座を担当しています。

なぜ、途中で外国人になるのか?

それは耳慣れを防ぐためです。
私のように何年もアメリカに住んだとしても
決してネイティブの英会話は行えません。
そういった講師にずっと教えてもらっていると
どうしても、その英語に耳に慣れてしまうんです。

ビジネスの現場に行くと、
本当にいろいろな英語を耳にします。
聞き取りやすい英語と聞き取りにくい英語があるんです。
日本語でも同じですよね。

そういった耳慣れを防ぎ、
どんな英語にも慣れることが、
途中で外国人講師に変わる理由です。

あと、英語準備コース、初級コースでは、
受講者の「わからないポイント」に共感することも大切なので、
その実体験をもつ日本人講師が教えているという理由もあります。

詳しくは、「個別相談会」や「英語力測定」でお尋ねください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
アブソリューションで無料英語力測定してみませんか?
投稿日: カテゴリー コラム