日本を思いっきり楽しんで! Budget Traveling part2


前回の Budget Travellingpart 1 の続きです。

前回はお客様に自分の国の旅行会社で、Japan Rail Pass voucher を購入してきてもらいましたね。
今回のトピックでは、

How to use Japan Rail Pass? 

voucherを有効にさせる方法をご紹介します。

Japan Rail Pass voucher、なんとこれだけでは使用できず、ジャパン・レール・パスに交換してもらう必要があります。この手続きをしっかり覚えておくと、お客様を迷わせることも少なくなるでしょう。

1. 入国審査でスタンプをもらおう

まず最初に入国時にやることがあります。
パスポートにお客様が入国した際に、入国審査官に「短期滞在」スタンプを押してもらうか、シールを貼ってきてもらいます。そうでないと、Japan Rail Passが引き換えはできません。
When you enter Japan, make sure you receive the stamp or the sticker as “Temporary Visitor” on your passport from the entry personnel.
(日本に入国する際に、入国審査官にパスポートに「短期滞在」のスタンプ、またはシールを押してもらってね)

2. JRで交換してもらおう

ここまでは準備です。いよいよジャパンレールパスに交換します。
So, where do I activate my Japan Rail Pass?
(どこでジャパン・レール・パスを有効にできる?)
お客様からこう聞かれたら
At a JR office.
(JRの窓口で)
These offices can be found at the airport or in the main train stations.
(窓口は空港、または大きな駅にあるよ)

Activate は「~を作動し始める、作動させる、活動的にする」などの意味があります。
ジャパン・レール・パスの場合、voucher から実際に使えるように 「活動的にする」ので、activate を使うとよいのです。
このactivate、例えば、
Learning foreign languages help activate and improve our brain.
(外国語の学習は私たちの脳を活性化し、改良してくれる)

なんと、このブログに最適な例文でしたね!

ということで、ジャパン・レール・パスを有効化するために、JRの窓口にお連れしてください。
At the JR Office, you fill out the form and present your passport plus the voucher.
(JRの窓口で、必要書類を記入して、voucher とパスポートを提示します)

3. 期限に注意して、よい旅を!

長期滞在のお客様に気をつけて欲しいのが、このvoucherに引き換えの期限があることです。
Your Exchange Order must be turned in for a JAPAN RAIL PASS within three months of the date the Order was issued.
(ジャパン・レール・パスの「引き換え券」は発行から3ヶ月以内に引き換えなければならないんだ)

長期滞在のお客様には念を押しておきましょう。せっかくのvoucher、“有効に”使わないとね!

これで長旅も低予算で大丈夫。さあ、
Have a great trip!
と、お客様を送り出しましょう! 日本中どこでも、いってらっしゃーい。


Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*