突然のゲリラ豪雨。英語ではなんという?


ライターSです。5回目のレッスンの日。夕方から急に雲行きが怪しくなり、どどーんと雨雨雨。ゲリラ豪雨に見舞われました。みなさんはのところは大丈夫でしたか?

そんな雨をもレッスンに利用する、アブソリューション。早速ゲリラ豪雨を英語でいうと?という質問からスタートしました。

英語でゲリラ豪雨は「Sudden downpour」というそうです。突然土砂降り! なるほど。

今回のテーマは、アドバイスをする時の表現でした。
外国人が日本へ旅行に来た時におすすめの観光スポット等を教えてあげる時にも役立つ便利なフレーズです。
“You had better~”や”You should~”を使い、実際に使うようなシチュエーションを想定して、自分でセリフを考えます。それをクラスの生徒さん達の会話形式で練習するのですが、慣れているメンバーなのでその時間が楽しい♪ ちょっと部活みたいな雰囲気です。
その中で、長いこと気になっていた疑問が解決しました。
【book】 と【reserve】の違いについてです。いつも外国でレストランやスパを予約する時にどちらを使うか迷っていたのですが、その使い分けのニュアンスを授業で聞くことが出来たのです。
●飛行機のチケットやホテルを予約する
I booked my flight to Hong Kong.
●レストランでテーブルを予約する
I reserved a table for 7pm tomorrow.

文脈によってレストランでもBookを使うことがあるそうなのですが、基本は上のように分けられるとのこと。今までモヤっとしていたけれど何となく誰にも聞けなかったことが分かって、すっきりです。

そしていつものリスニングレッスン。今回はどうしても聞き取れないフレーズがありました。
“It’s the only” のIt’sが会話の中だとイッツのイが発音されていなく「ツ ディ オンリー」と聞こえるのです。
この聞こえない音に慣れる方法の一つとして、音読をする時のスピードを早めることを教わりました。自分でその英語の音を発音できるようになると、聞こえなかった音も、あら不思議。聞き取れるようになりました! 前回書いたオーバーラッピングのテクニックの一つですね。
びっくりする位効果があるので、上達した実感があり勉強がさらに楽しくなります♪

今回のレッスンで得たことは、「アドバイスする時の言い回し」と「聞き取れない英語の音の攻略法」でした。
週に一度のオトナの部活。英語パワーがどんどん蓄積されていっています。